パクコン(パクりコンテンツ)で、月間100万PV目標とはこれいかにw

新ドメイン取得と慣モメコンテンツ更新のお知らせ

新規ドメイン取得とよくわかる慣性モーメント更新のお知らせ

新規ドメインdiff-eq.com

新ドメイン取得:diff-eq.com

今年の6月ごろだったと思うが、ITカテゴリー配下に“VPSサーバ構築”というコンテンツを作成しており、その際においてサーバ構築の際の参考サンプルドメインとして出てきている以下、

 

https://diff-eq.com/

 

が今回取得した新規ドメインになる。

 

サイト名は、「微分方程式いろいろ」としており、微分方程式を中心にしたコンテンツを主軸とし、当ドメイン配下の微分方程式いろいろのコンテンツを丸々移動させる予定になっている。

 

また当ドメイン配下に解析力学なるコンテンツもあるので、今のところ主要なカテゴリーとしては、まず常微分方程式編微分方程式微分演算子法(ヘヴィサイド)、解析力学、さらには数学カテゴリー内、及びブラショーでとり扱っているフーリエ解析などを新たなカテゴリーコンテンツとして取り入れ、そして今までほとんど取り扱っていない複素関数や量子力学(どちらももうほとんど忘れているが…)に関してもそのコンテンツを追加していこうと思っている。

 

新規ドメインで運用していこうと思った一番の理由に関してなんだが、よくわかる慣性モーメントでさんざん言っている“コンテンツパクり対策”のためになる。

 

実はよくわかる慣性モーメントももともとこのドメイン配下にあったが、新規でhttps://moment-of-inertia.jp/というドメインを取得したことにより検索順位が徐々に上位に回復していったという経緯がある。

 

新規で取得すれば手間も資金(維持費)も必要になり大変なんだが、本来の目的があり、また、自分が心血を注いで作成したコンテンツが盗用され、しかもそのサイトのほうが検索順位で上に来ているとなればどんな気分になるか容易に想像がつくだろう。癪に障る思いであり対策をせざるを得ないというのが実情になる。

 

ちなみにこのドメインコンテンツでもロンスキアンやヘヴィサイドなんかも盗用されているらしい。もともとこのドメインはドラフトコンテンツ用としてあるが、このドメイン配下であるとコンテンツ内容が多岐にわたってしまってサイトの方向性がバラバラになってしまい検索順位を上げられない状態となっている。
そのためコンテンツ自体が埋もれてしまって、自分で考えることができない愚劣な卑怯者にコンテンツを盗用されているという実態があるのではないかと考えている(要は消えていくサイトなどと思っているのだろう)。

 

コンテンツを常時検索上位に上げさせておけばある程度の対策になると考えた末に出した結果になる。
なので新規取得のご報告といってといっても取得してからすでに半年以上経っているいるわけだが、一応ここをもって上記のドメイン取得のお知らせとなる。

 

なおドメイン名のdiff-eq.comの由来だが、diffは微分方程式のdifferential equationからきているが、diffのみだとLinuxの差分を求める際に使われるdiffコマンドじゃねwと突っ込みを入れられそうだが、なるべく簡単でわかりやすいドメインにしたかったためあえてそうしている。

なぜこのサイトだけを狙い撃ちにするのか

ちなみにそのコンテンツパクり野郎のサイト(ブログ)はどうも私のサイトだけを狙い撃ちでパクコン(パクりコンテンツ)をやっているらしい。

 

高校数学美しい物語様や、物理のカギしっぽ様といった、歴史が長く、書籍なども発行されている大御所の有名どころのコンテンツはパクらないで、なぜか俺のサイトだけを狙ってコンテンツパクりをしてるらしい。

 

なぜ俺のサイトだけ盗用するんだと思うのだが少なくとも完全になめられているんだろうとは思う。

更新が遅れている件について

お知らせという割には取得してからだいぶ開きがあってほとんど更新されていなくない?と思われる方が多いだろうとは思う。実際にほとんどコンテンツ作成が進んでいない状態ではあるが別に怠けているわけではない。
元コンテンツとして微分方程式いろいろがあるしそれ以外にも解析力学というコンテンツもすでに作成してあり、それらを新規ドメイン配下に移動させることにはすでにだいぶ前(パクリサイトが出だしたころ)から検討していたことになる。

 

実際に新規ドメインのdiffの作成がなぜここまで遅いのかというと当Webサイト管理人の本職はSEで、現在は新規システムの構築及び運用移行作業中でほぼ毎日残業といった感じで寝る暇さえない状況がここんとこずっと続いている(実際に昨日も21時まで残業だった…)。

 

それ以外にも週末など手が空くほんの短い時間は数学やこのドメイン下のコンテンツ作成なども相まって、実際に手がつけられていない状態だというのが実情になっている。
また今回始めてwordpressをさわるということもあり、その関係も相まって遅れてしまっている。言い訳にしか聞こえないだろうがそのことを十分にご承知おきいただければと思います。

 

 

よくわかる慣性モーメントコンテンツ更新

当サイトでは今のところ、このドメイン(https://mathematical.jp)と上記のdiff-eq.com、そしてもう一つのドメインコンテンツで“よくわかる慣性モーメント”というサイトを運営しています。

 

よくわかる慣性モーメント

https://moment-of-inertia.jp/

 

 

そのコンテンツに関して以下のような内容をものを追加更新したのでそのことに関するお知らせになります。

https://moment-of-inertia.jp/applied_steiners_theorem/cone_steiners_theorem.html

 

さらに今回新しいカテゴリーとして、applied_steiners_theoremというフォルダを作成し、その下に今まであったくり抜き円盤の慣性モーメントと、今回新たに追加した円錐の頂点、底面、重心周りの慣性モーメントをそこに追加したといった形になります。

新規カテゴリ(ディレクトリ)━平衡軸定理と慣性モーメント

https://moment-of-inertia.jp/applied_steiners_theorem/

 

構造としては以下のように配置してある。

 

平行軸定理と慣性モーメント

 

┗ くり抜き円盤の慣性モーメント
┗ 円錐の頂点、底面、重心周りに関する慣性モーメント

といっても、だいたい1年ぐらい前にこのドメイン下で作成した以下のコンテンツ、

https://mathematical.jp/physics/steiners_theorem2022.html

 

をほぼそのままmoiのドメイン下に配置しただけといった形になります。
ここ(mathematical.jp)の前提として数学物理関連のコンテンツはそれ専門のドメイン用のドラフトコンテンツを置く場所ということになっているので、ひとまずの本運用サイトへのコンテンツ追加となっています。

 

内容としては元はyoutubeで円錐の慣性モーメントの動画を見たことがきっかけ(現在その動画はなぜか削除されている)で、まず円錐のZ軸周りの慣性モーメントから始まって、今回追加したのは平行軸の定理を利用した円錐の頂点周り、底面の中心軸を通りその法線面と平行な軸周り、さらには円錐の重心周りに関する慣性モーメントの導出に関して独自の視点からそれらの導出過程をなるべく詳細に記述した内容になっています。

ちなみにこの、よくわかる慣性モーメントというサイトは、サルでもよくわかる線形代数よくわかるベクトル解析と同時期の2000年代後半に作成した初期からあるサイトになる。

 

 

余談になるがそのサイトのトップページに関して以下のような文言を作成した当初から使っている↓

よくわかる慣性モーメントトップページ

またはシスティマティックな計算法を説明した参考書をあまり見たことがなかったものですので今回あえて自分で作ったノートを参考にちょっとだけ教科書風に記述を加えたものをアップロードした次第です。

 

上記文言は作成した当初からある文言になるが、

 

この文章までパクられていたのである( ゚Д゚)・∵ブハッ!!

 

始めてみたときは怒る気にもなれず、正直あきれるばかりだったのを覚えている。

 

しかもそのパクりのコンテンツでなんとw

 

“月間100万PV目標”

 

だという目標を立てていたらしい…(´゚ω゚)・*∵プププッ,ブッ

目標100万pvニダ!!

目標100万pvニダ!!

うざいw キモいw しかも戯けすぎだっつーwww

 

朝鮮系♪ 朝鮮系♪ ファビョン式♪

うざすぎ、キモ過ぎ、戯けすぎw

 

 

まるで腫れ物に触るかのような不愉快さになるw

もうね、はっきり言わせてもらうと、

 

バ ッ カ じ ゃ ね ー の

 

かとw

 

 

 

そもそも自分で考えることができないような奴がネットコンテンツで月間100万PVが達成できるわけなくないか?

 

さらには盗用したコンテンツでそんなことができるわけがないし、ましてそれ以前の話としてそこまでいったら安モンのレンサバでその負荷に耐えられねーだろw
と通常の人間からすれば容易に想像がつくだろうもんなんだが、それに気づかねえところを見るとやっぱこいつバカなんだなと普通に思った。

パクリは奴らの十八番だが、やはりそのWebサイト主はそっち系の輩なんだと思う。
人が心血を注いで作成しているにもかかわらず、さも自分が作ったような感じにして簡単にパクられてしまうのだから、やられているこちら側からしてみれば正直本当にやってられないという気分になる。

 

しかしながら目的がある以上やらないわけにはいかないので今回よくわかる慣性モーメントのコンテンツを更新追加している。

物理コンテンツに関しては上述しているように、苦心して作成しても盗用されているといった実情のためしばらくの間はコンテンツ更新はしないと言ってはいましたが、ちょっとした気まぐれで作成したものになってはいます。

 

よかったらえつらんしてみてください…(ヘ´ω`)ヘ

 

まあ正直言えばこんな程度の悪い奴は、自分自身が目標としている道において転がっていたほんの小さな石ころ程度のものであり、今回その石ころにたまたま躓いてしまったという感じになるかなと思っている。
自分が手を汚す価値すらない輩だと思っている。

 

 

ちなみにシェークスピアのリア王という話があるが、その中でリア王がこういうのである。

 

人間だれしも泣きながら生まれてくる。阿呆ばかりの世に生まれたことが悲しゅうてな

 

というくだりである。

 

そう人はだれしも泣きながら生まれてくる。
しかし死ぬときは人それぞれだ。
そうなるならないは今の自分自身そのものだろう。


新ドメイン取得と慣モメコンテンツ更新のお知らせ関連ページ

TeXclip
当サイトは主に物理に関する数学など、その他周辺も含めた少々ごった煮のウェブサイトです。 数学分野に関しての趣旨としては、通常のテキストでは割愛されてしまう内容などを詳しく記述し、さらには難しい説明をするのではなく、わかりにくい内容をいかにわかりやすく伝えるか━など、そういったウェブコンテンツならではの利便性と機動性を生かしたサイト作成を主眼としています。
よくわかる慣性モーメントドメイン変更のお知らせ
当サイトは主に物理に関する数学など、その他周辺も含めた少々ごった煮のウェブサイトです。 数学分野に関しての趣旨としては、通常のテキストでは割愛されてしまう内容などを詳しく記述し、さらには難しい説明をするのではなく、わかりにくい内容をいかにわかりやすく伝えるか━など、そういったウェブコンテンツならではの利便性と機動性を生かしたサイト作成を主眼としています。
【アメリカ】「米軍」の「従軍慰安婦施設」
当サイトは主に物理に関する数学など、その他周辺も含めた少々ごった煮のウェブサイトです。 数学分野に関しての趣旨としては、通常のテキストでは割愛されてしまう内容などを詳しく記述し、さらには難しい説明をするのではなく、わかりにくい内容をいかにわかりやすく伝えるか━など、そういったウェブコンテンツならではの利便性と機動性を生かしたサイト作成を主眼としています。
米・英軍がドイツ・日本で行った強姦・輪姦
当サイトは主に物理に関する数学など、その他周辺も含めた少々ごった煮のウェブサイトです。 数学分野に関しての趣旨としては、通常のテキストでは割愛されてしまう内容などを詳しく記述し、さらには難しい説明をするのではなく、わかりにくい内容をいかにわかりやすく伝えるか━など、そういったウェブコンテンツならではの利便性と機動性を生かしたサイト作成を主眼としています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 線形代数 ベクトル解析 慣性モーメント 解析力学 微分方程式 NEへの道しるべ