For Unlawful Colonel Knowledge

catenoid2017

こんにちわんわんお(∪^ω^)

 

当サイトは主に物理に関する数学など、その他周辺も含めた少々ごった煮のウェブサイトです。

 

趣旨としては通常のテキストでは割愛されてしまう内容などを詳しく記述し、さらには難しい説明をするのではなく、わかりにくい内容をいかにわかりやすく伝えるか━など、そういったウェブコンテンツならではの利便性と機動性を生かしたサイト作成を主眼としています。

 

当サイトのコンテンツは上部ヘッダーのメニューバーにそれぞれのサテライトサイトのリンクがあります。
そこからお好きなコンテンツにお入りください。

 

 

リンクフリーです。こんなサイトでよかったら勝手にリンクしてください。

(^ω^)ブヒブヒブー

新着情報

 

スコア関数(対数尤度関数の一次微分)は、

これの期待値

 

線型代数,ベクトル解析,慣性モーメント,解析力学,微分方程式,フーリエ解析,物理学,数学


前回のコンテンツによりスコア関数の期待値は以下のようになる。

次にこれを参考にして今度はスコア関数の分散を考える。

おながいします(・ω・)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 



当サイトは運営を始めてもう10年以上になるが、左にある書籍はその当時から紹介していた書籍の中の一つになる。

これに関して動きがあったようなので関連事項も含めて以下に紹介。

おながいします(・ω・)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 



続きを読む≫ 2021/04/04 22:21:04 2021年 特亜2021
免疫を獲得しないで回復する率を0と置いた場合は以下のようになる。

線型代数,ベクトル解析,慣性モーメント,解析力学,微分方程式,フーリエ解析,物理学,数学

この変数tにおける上記常微分方程式を、ケルマックマッケンドリックのS-I-Rモデルと呼ぶ。

 

この微分方程式に関して架空の数値を代入していったものをRのパッケージのdeSolveを使って解いていく。

おながいします(・ω・)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 



不正受給者の95%が在日のお隣さんによるもの

おながいします(・ω・)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 



続きを読む≫ 2021/02/21 18:28:21 2021年 特亜2021

線型代数,ベクトル解析,慣性モーメント,解析力学,微分方程式,フーリエ解析,物理学,数学

 

ここで上記常微分方程式におけるそれぞれのパラメーター変数の意味は次のようになるとのこと。
罹患していない個体が感染症に罹患し、感染性の人口へ遷移する率
感染性の個体が感受性人口へ戻る率
感染性の個体が除外された集団へと戻る率

おながいします(・ω・)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 



 

CentOS7上に展開したjupyterRを使ってケルマックマッケンドリック微分方程式(SIRモデル)の計算をやってみようとしたところ、どうもRのパッケージ“deSolve”がつかえないようなので今度はRstudioをインストールすることに。
線型代数,ベクトル解析,慣性モーメント,解析力学,微分方程式,フーリエ解析,物理学,数学

おながいします(・ω・)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 



このセクションは当サイト管理人の備忘録のための内容になっています。CentOSでのanaconda3関係の正しいインストールに関しては他のサイトを参照してください。

おながいします(・ω・)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 



線型代数,ベクトル解析,慣性モーメント,解析力学,微分方程式,フーリエ解析,物理学,数学

おながいします(・ω・)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 




ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 線形代数 ベクトル解析 慣性モーメント 解析力学 微分方程式 NEへの道しるべ mathematical.jp