ネットワークエンジニアを目指す人のための基礎知識や情報をわかりやすく解説するサイト

ネットワーキングラボラトリィー

 

Dynamic Routing Information Protocol

ネットワークエンジニアを目指す人のための初級ネットワーク技術解説サイト

現代社会においてその情報インフラの中心となるコンピューター通信ネットワーク。
その中心的立場の技術者であるネットワークエンジニアとは、ルータやスイッチなどを使用したLAN環境など、企業内環境などといった機関や組織においてサービスを提供する情報技術者です。

 

そのサービスを余すところなく提供するために、プラットフォーム環境で稼動するファイアウォールやDNS、ルータ、スイッチなどの機器を理解し、これらの連携を実現するためにネットワークケーブルや商用回線といった物理的な要素やプロトコルにも幅広く精通した存在であるといえます。

当サイトではわかりづらい表記や説明はなるべく避けながら、ネットワークの基本的知識ないひとでも理解できることを目的とし、ネットワークエンジニアにとって必要最低限の知識を、ビギナーにとっても馴染みやすいように習熟させ、独学でこの分野における初歩的かつ基本的な内容を可及的速やかに理解かつ習得させるためのサポートを第一の目的としています。
とくにネットワークエンジニアにおいて一般的になっているベンダー資格の「CCNA」や「CCNP」などといった内容にも繋がっていますので、この資格の取得を目指している方にとっても参考になるコンテンツを含んでいます。

nextupprevious

新着情報

 

コンテンツ

ネットワークの基礎知識

IPアドレス
IPアドレスとはインターネットやLAN内において個々の機器を識別し通信を行うために割り振られた識別番号になります。このセクションではおもに一般的に使われている32ビットのIPv4を扱い、LAN内で使われるプライベートIPアドレスやインターネットで使用されるグローバルIPアドレスの違い、さらにはIPアドレスのクラスの概念などを解説します。

 

サブネットマスク
サブネットマスクとはIPアドレスのネットワークアドレス部とホストアドレス部を識別するための数値になります。このサブネットマスクを使うことによって理論的にIPアドレスを細分化することができます。

 

ワイルドカードマスク
ワイルドカードマスクとはビットの進行がサブネットマスクの逆になったものになります。右から順に1ビットを増やしていきます。1がついたところは自由にビットを組み替えることができます。

 

ルータ基本操作演習


teratermの設定
フリーで配布されているターミナルソフトを使用して、実際にルータへのコマンド入力のための前準備になります。

 

ルータ1台を使用した基本操作

ルータ1台での基本設定
ルータへコンソール接続してPCモニタにおいて実際にルータの基本操作を行います。簡単なコマンドを使用したマシンの緒元の確認の仕方などを解説します。

 

コンソールの基本操作法
ターミナルソフト上で実行するコンソールパスワードやタイムアウトの設定の仕方などを簡単に解説します。

 

セットアップモード
初期設定などを行う場合に使用されるセットアップモードについて、その見方などを学習します。

 

ルータ2台を使用した基本操作

ルータへのIPアドレス設定
ルータへのIPアドレスの設定の仕方や設定したインターフェイスの有効化の仕方、さらにはIPアドレスの削除の仕方や追加IPアドレスの設定のコマンドなどを学びます。

 

ルータ2台での基本操作
2台のルータを使用し時においてシリアル接続でのインターフェイスのIPアドレスの設定など、さらにはクロックレートや帯域幅の設定・カプセル化の仕方などについて解説します。

 

CDPの操作方法
2つのルータを用いてCDPの役割や機能について学びます。

 

ホスト名の名前解決
インターフェイスのIPアドレスに対し、固有の名前をマッピングするコマンドについて学びます。

 

telnetの操作方法
インターネットやイントラネット上においてPCなどを遠隔操作するための機能の基本的なコマンド操作について解説します。

 

RIPによるダイナミックルーティング
IPルーティングにおける代表的なプロトコル“RIP”を用いたダイナミックルーティングについて解説しています。

 

IPルーティング


IPルーティングとは、あるネットワークから別のネットワークまで、そのパケットを移動(送信)させるプロセスになります。このチャプターでは3つのCiscoルータを用いたIPルーティングの設定およびその確認の方法を解説します。
スタティックルーティング
スタティックルーティングとは、IPルーティングにおいてルーティングテーブルにないネットワーク情報を管理者が手動でルータに設定する方法になります。

 

デフォルトルーティング
デフォルトルーティングとはルーティングテーブルに存在しないリモートネットワークを宛先とするパケットを、ネクストホップルータに送信するためのプロセスになります。

 

RIPルーティング
RIP(Routing Information Protocol)というのはダイナミックルーティングと呼ばれるもので、このダイナミックルーティングはルーティングテーブルが更新され、ネットワーク内のすべてのルータがルーティング情報を共有します。またIPなどのルーテッドプロトコルはインターネットワーク内においてユーザデータを送ることができ、小規模から中規模のネットワーク構築において適しています。

 

CISCOルータの管理


password_recov
CISCO2500ルータでのパスワード復旧
show versionでコンフィグレーションレジスタ値を確認し、リブートさせた時にブレーク信号をいれて操作していきます。

 

tftpdサーバ設定
シスコルータiOSのバックアップのためのtftpd64のインストールとその設定

 

CISCOiOSのバックアップ
CIscoIOSが万が一壊れたときの場合やアップグレードする際の前準備として、現状のファイル群をtftpと呼ばれるホストサーバーに保存する作業をしておきます。

 

ネットワークラボ


NAT
NATとはローカルエリアネットワーク内におけるプライベートIPアドレスをインターネットに接続する際に、その内部IPアドレスをグローバルIPアドレスに変換するための技術のことを言います。

 

VLAN
VLANとは、スイッチなどの機器を用いて、ネットワークの物理的な接続とは独立した形によってドメインを仮想的に分割する技術になります。この設定を行うことによりホストなどの端末機器において物理的な制限を気にすることなくネットワークのグループ化が可能になります。

 

 

nextupprevious


TOP ネットワーク基礎 テラターム設定 ルータ1台の設定 ルータ2台の設定 ルータ管理 IPルーティング ネットワークラボ