For Unlawful Colonel Knowledge

線型代数,ベクトル解析,慣性モーメント,解析力学,微分方程式,フーリエ解析,物理学,数学

こんにちわんわんお(∪^ω^)

 

当サイトは主に物理に関する数学など、その他周辺も含めた少々ごった煮のウェブサイトです。

 

趣旨としては通常のテキストでは割愛されてしまう内容などを詳しく記述し、さらには難しい説明をするのではなく、わかりにくい内容をいかにわかりやすく伝えるか━など、そういったウェブコンテンツならではの利便性と機動性を生かしたサイト作成を主眼としています。

 

当サイトのコンテンツは上部ヘッダーのメニューバーにそれぞれのサテライトサイトのリンクがあります。
そこからお好きなコンテンツにお入りください。

 

 

リンクフリーです。こんなサイトでよかったら勝手にリンクしてください。

(^ω^)ブヒブヒブー

新着情報

 

線型代数,ベクトル解析,慣性モーメント,解析力学,微分方程式,フーリエ解析,物理学,数学

おながいします(・ω・)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 



続きを読む≫ 2016/11/28 23:09:28 科学関連2016

線型代数,ベクトル解析,慣性モーメント,解析力学,微分方程式,フーリエ解析,物理学,数学

おながいします(・ω・)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 



続きを読む≫ 2016/10/29 17:09:29 科学関連2016

線型代数,ベクトル解析,慣性モーメント,解析力学,微分方程式,フーリエ解析,物理学,数学



去年の投稿記事、コリオリ弾道計算で定型数2階非同次微分方程式の計算をロンスキ―行列式を使ってその因果律を求めました。今回はそのロンスキアンについて数回に分けた連載といった感じでやっていこうと思います。内容的には別ドメイン用の下書きコンテンツですので多少粗削りなところもあると思いますが何卒ご了承願います(不定期更新です)。

おながいします(・ω・)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 



続きを読む≫ 2016/09/05 01:09:05 科学関連2016

おながいします(・ω・)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 



続きを読む≫ 2015/10/12 16:54:12 特亜2015
2014年7月4日

今考えているある複雑な関数において、例えばAの世界の現象をBの世界の現象に置き換えてそれらの関数の様子を捉えるための数学的技法にフーリエ変換と呼ばれるものがあります。

 

iを虚数単位として2014年7月4日のフーリエ積分表示を

2014年7月4日

中にある2014年7月4日

2014年7月4日

 

なぜわざわざこんなことをするのか?

2014年7月4日

 

簡単に言いますと実際の現象を微分方程式に置き換えた場合、その因果律を証明することは容易なことではなくむしろ解けない場合がほとんどであることが多いです。

 

しかしながらこのフーリエ変換と呼ばれる方法を使いますと、その現象がわかりやすくなるといった利点があります。

おながいします(・ω・)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 



ベッセル関数,ベッセル微分方程式

 

量子力学の分野においてたまに出てくる特殊関数にベッセル関数というものがあります。
以下に示される式はベッセルの微分方程式と呼ばれるものになります。

ベッセルの微分方程式


単刀直入にこれの解を示しますと次のようなものになります。

ベッセル関数

おながいします(・ω・)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 



ubuntu,VMware,インストール
Ubuntu Japanese Teamのホームページにアクセスして、Ubuntuの入手 ダウンロードと書かれてあるページまで移動し、“日本語RemixCDのイメージファイル”と書かれてある部分をクリックしてファイルをダウンロードします。

 

ubuntu,VMware,インストール
ubuntu,VMware,インストール

 

ubuntu,VMware,インストール
私の場合はとりあえず北陸何たらかんたらという所からダウンロードしました。

おながいします(・ω・)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 



続きを読む≫ 2014/05/19 20:28:19 IT関連2014

今年の4月9日をもってサポートを終了したOSのウインドウズXP

ウブンチェ,Ubuntu,VMware,インストール
閲覧者の方はご存じのとおり、当Webサイトは主に数学をメインに扱っているサイトでありまして、それらのコンテンツは数学独特の特殊な記号(∫や∇とか)をたくさん使用しており、それらはすべてPNGと呼ばれる画像を抽出してサイトのコンテンツ材として構成してあります。

 

その数式画像はほぼすべてLaTeXと呼ばれる文書を、LaTeX2htmlと呼ばれるコンバーターによって画像を抽出し適宜使用して逝くような形で作業を行ってきています(手作業)。

LaTeX文書からLaTeX2htmlによる画像への変換作業
そのLaTeX2htmlを動かしているPCが実はXPなのですが上記に示したサポ終了によりPCのクラッシュの可能性もあるので、今後はスタンドアロンにしてLaTeXとLaTeX2htmlのみの運用にするか、でなければLinuxへOSを全面変更しようかと悩んでたんですが、結局そのどちらもとらずにXPを残したままLinuxOSを使用出来る、VMwareによる仮想環境(ubuntu)を入れようと思いました(LinuxOSとしてネットにつなげる)。
まず先にXPをネットに繋げるのは極力避けたいので、とりあえずネット環境に常時つながっているウインドウズ7のほうからVMwareを使用したubuntu環境のセットアップをやってみますた。
私はFedora8などでサーバ構築などはやったことがあるのですがウブンチュ(正しくはウブンチェ?)を扱うのは初めてなので今回備忘録を兼ねた形で更新記事を書いてみたいと思います。

おながいします(・ω・)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 



続きを読む≫ 2014/05/18 11:52:18 IT関連2014

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 線形代数 ベクトル解析 慣性モーメント 解析力学 微分方程式 NEへの道しるべ mathematical.jp