管理人のTeX備忘録、コード置き場です。

数式の整列

arrayの使い方

\[
\begin{array}{ccl}
f(x)\;=\;5+4x+x^2+6x^3\\
f'(x)\;=\;4+2x+18x^2\\
f''(x)\;=\;2+36x\\
f'''(x)\;=\;36
\end{array}
\]

 

TeX,LaTeX

 

 

&ではさむ

 

\[
\begin{array}{ccl}
f(x)\;&=&\;5+4x+x^2+6x^3\\
f'(x)\;&=&\;4+2x+18x^2\\
f''(x)\;&=&\;2+36x\\
f'''(x)\;&=&\;36
\end{array}
\]

 

 

すると次のように数式が&を入れたところで整列表示されるようになる。
TeX,LaTeX

上記式の\begin{array}{ccl}のところのcclは&ではさんだ数式の位置を指定しています。

 

例えばrclなどどすると次のように出力されます。

TeX,LaTeX

ブログランキング・にほんブログ村へ


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 線形代数 ベクトル解析 慣性モーメント 解析力学 微分方程式 NEへの道しるべ