2014年5月20日

ウブンチュ(ウブンチェ?)覚え書き

ubuntuのダウンロード

ubuntu,VMware,インストール
Ubuntu Japanese Teamのホームページにアクセスして、Ubuntuの入手 ダウンロードと書かれてあるページまで移動し、“日本語RemixCDのイメージファイル”と書かれてある部分をクリックしてファイルをダウンロードします。

 

ubuntu,VMware,インストール
ubuntu,VMware,インストール

 

ubuntu,VMware,インストール
私の場合はとりあえず北陸何たらかんたらという所からダウンロードしました。

ubuntuのインストール

ubuntu,VMware,インストール
“新規仮想マシンの作成”をクリックします。

 

うろ覚えになりますが、だいたい次のような感じで設定していきました(左から右へ)。
ubuntu,VMware,インストール
ubuntu,VMware,インストール

 

ubuntu,VMware,インストール
ubuntu,VMware,インストール

 

ubuntu,VMware,インストール
ブート時やroot権限に入るときにパスワードを聞かれますので上の設定でのパスワードは覚えておきます。
仮想マシン名は“Ubuntu”、置き場所はC:の中にVMwareというフォルダを作成してその中にUbuntuというフォルダを作成しそこをブラウズしました。

 

私の場合は領域を40Gにしましたが、たぶん10Gもあれば十分だと思います。
それぞれの環境(容量や使い道)に合わせて決めてください。
ubuntu,VMware,インストール

 

ubuntu,VMware,インストール
左の丸がこみの部分のハードウェアをカスタマイズをクリックしましょう。

 

すると次のような画面が出てきますが、ここでプロセッサの数を決めます。
各自のプロセッサの数を調べるには、例えば左下のウインドウズのスタートボタンをクリックすると“コンピュータ”と書かれてある部分がでてくるのでこれを右クリックし、さらにその中の一番下にある“プロパティ”をクリックすれば各々各自のマシンのスペックが覗けます。
そのプロセッサ名をネット上で検索して調べてください。その数によって割り当てられるプロセッサ数を決めることになります。
ubuntu,VMware,インストール

 

ubuntu,VMware,インストール
最後に完了をクリックして終了します。

ubuntu,VMware,インストール
“ダウンロードしてインストール”をクリックしてインストールします。

 

仮想OSのセットアップが始まります。環境によっては多少時間がかかると思います。 ubuntu,VMware,インストール

 

左のような画面が出てきたらセットアップの完了になります。
おつかれさまですた。
ubuntu,VMware,インストール

nextupprevious

おながいします(・ω・)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 



ウブンチュ(ウブンチェ?)覚え書き関連ページ

VMwareインスト覚え書き
当サイトは主に物理に関する数学など、その他周辺も含めた少々ごった煮のウェブサイトです。 数学分野に関しての趣旨としては、通常のテキストでは割愛されてしまう内容などを詳しく記述し、さらには難しい説明をするのではなく、わかりにくい内容をいかにわかりやすく伝えるか━など、そういったウェブコンテンツならではの利便性と機動性を生かしたサイト作成を主眼としています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 線形代数 ベクトル解析 慣性モーメント 解析力学 微分方程式 NEへの道しるべ mathematical.jp