ネットワークエンジニアを目指すための基礎知識や情報をわかりやすく解説するサイト


ワイルドカードマスク

 

 


ワイルドカードマスクとは

ワイルドカードマスクとはビットの進行がサブネットマスクの逆になったものになります。右から順に1ビットを増やしていきます。1がついたところは自由にビットを組み替えることができます。
例えば、2ビットあれば00、01、10、11の十進数の0,1,2,3の4つが作れます。
これを利用すれば192. 168. 1. 4, 192. 168. 1. 5, 192. 168. 1. 6, 192. 168. 1. 7 の4つのIPアドレスを表示することが可能になります。
このような場合は次のようになります。

 

192. 168. 1. 4 〜 192. 168. 1. 7

アドレス範囲の最初のIPアドレス 192 168
ワイルドカードマスク

このようにワイルドカードマスクを使用することによってひとつにまとめることが可能になります。

 

すべてのワイルドカードマスク
128 64 32 16 8 4 2

2進数計算

すべてのワイルドカードマスク

10進数

0

0

0

0

0

0

0

0

arrow

0

0

0

0

0

0

0

0

1

arrow

1

0

0

0

0

0

0

1

1

arrow

3

0

0

0

0

0

1

1

1

arrow

7

0

0

0

0

1

1

1

1

arrow

15

0

0

0

1

1

1

1

1

arrow

31

0

0

1

1

1

1

1

1

arrow

63

0

1

1

1

1

1

1

1

arrow

127

1

1

1

1

1

1

1

1

arrow

255

ワイルドカードマスクの10進数の値が範囲となり、アドレス範囲の最初のIPアドレスに足すことができます。
ただし最初のIPアドレスはワイルドカードマスクにおいてゼロ部分の組み合わせで表示できる数字でなければなりません。
例えば、ワイルドマスクが3ビットの場合、アドレス範囲の最初のIPアドレスはその3ビットを使ってはなりません。

 


ワイルドカードマスク,ネットワークエンジニア,サブネットマスク,IPアドレス


 

nextupprevious

ワイルドカードマスク関連ページ

IPアドレス
コンピューターネットワークにおいてその通信相手を識別するには、それぞれの機器(インターフェイス)を見分けるための識別子なるもの−つまりアドレスが必要になります。これらはデータリンク層では16進数で表されるMACアドレスがあり、さらにはルータやホストを識別するためのパケットの経路制御のためにあるネットワーク層のIPアドレスがあります。
サブネットマスク
サブネットマスクとは、IPアドレスのネットワークアドレスとホストアドレスを識別するための数値で、このサブネットマスクを使うことによってネットワークを細分化して効率よく使用することが可能になります。

TOP ネットワーク基礎 テラターム設定 ルータ1台の設定 ルータ2台の設定 ルータ管理 IPルーティング ネットワークラボ