ネットワークエンジニアへの道しるべ


tftpサーバとの連携

tftp

CiscoIOSのアップグレードや再格納の際には万が一の時のためにIOSファイルをtftpなどへバックアップしておくと安心です。デフォルトではフラッシュメモリがこのCiscoIOSの保存に使われます。
空き容量のチェック

ルータのIOSを新しいIOSファイルにアップグレードする前にフラッシュメモリに新しいイメージのための空き容量があるかを確認します。
フラッシュメモリの容量と保存されているファイルを確認するコマンドはshow flashになります。

RouterA#show flash

ネットワーク,ルータ,管理,Cisco,tftp

表示された最後の行においてその容量がkbytsで示されます。
上記の例では8192kの空き容量があるので新しく使用したいファイルにとって十分な容量があるかをこの時点で確認しておきます

このようにコピーしたいIOSのための空き容量がフラッシュメモリにあることを確認してからバックアップ作業に入ります。

 

TFTPホストサーバーへの疎通確認

次にTFTPサーバに指定しているホストコンピューターへバックアップさせるためには、ルータをそのホストPC(tftpサーバ)との間においてネットワーク通信ができる状態にしておく必要があります。
tftpサーバに設定してあるPCのIPアドレス、さらにはバックアップするルータのIPアドレスが同じネットワーク上になるように存在させます。
仮にルータではIPアドレスが設定してあり、ルータのIPアドレスを変更せずに行う場合にはホストPCの側のIPアドレスを変更するようにします。

ローカルエリア内でのIPアドレスの変更

ここではウインドウズ7での設定を例に挙げます。

まず最初に画面左下のネットワーク,ルータ,管理,Cisco,tftpをクリックして「プログラムとファイルの検索」と書かれてある部分に“ncpa.cpl”と打ち込んで検索をかけます。

ネットワーク,ルータ,管理,Cisco,tftp

 

 

 

ネットワーク,ルータ,管理,Cisco,tftp


 

そうするとネットワーク情報が出てくるのでその中のローカルエリア接続のアイコンをクリックします。

“ローカルエリアのプロパティ”ウインドウが出てきますのでその中の“インターネット プロトコルバージョン 4(TCP/IPv4)”ダブルクリックするか、または反転させてプロパティボタンをクリック。

ネットワーク,ルータ,管理,Cisco,tftp

次のような画面が出てくるので下の画面のようなルータの設定だと192.168.20のネットワークに、例えば253のホスト数を設定してルータと通信できるようにします。

ネットワーク,ルータ,管理,Cisco,tftp


ルータのコンソールプロンプトからデバイスに対してping送信を行います。

ネットワーク,ルータ,管理,Cisco,tftp

上図の設定例で実行する場合は対象とするルータのコンソールプロンプトから次のようにping送信を行います。

Router#ping 192.168.20.254

 

tftpdの設定

ネットワーク,ルータ,管理,Cisco,tftp

Current Directoryと書かれているところの右の欄に、ファイルを置きたい場所を指定します。
図の設定だとD:のiosというフォルダにしています。

 

またServer interfacesと書かれているとこの右の欄は見ての通りです。


TFTPホストへのコピー
TFTPホストへのping送信によってIPの動作状況を確認したのち、copy flash tftpコマンドを使用してCisco IOSをTFTPホストコンピュータへアップロードします。
Router#copy flash tftp
Source file name [] ? c2600-i-mz.120-11.bin
Address or name of remote host [] ? 192.168.20.253
Destination filename [c2600-i-mz.120-11.bin]? {Enterキー
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
[省略]

ネットワーク,ルータ,管理,Cisco,tftp

しばらくすると次のように指定したところにファイルがコピーされます。

ネットワーク,ルータ,管理,Cisco,tftp

補遺-まれにtftpdによるIOSダウンロードができない件について

例えばウイルスソフトやローカルネットワーク上においてファイアウォールなどを設定している場合、tftpdによるIOSのやり取りがまったくできないということがあります。
そういう時は、例えばXPの場合はローカル接続のアイコンを右クリックするなどしてファイアウォールの設定を一時的に無効にしたり、また同じくウイルスソフトのファイアウォールの設定を無効にするなどしてみてください。
そうするとうまくいく場合もありますが、それでもだめならばここで紹介しているtftpd以外のほかのソフトを使用するなどしてみましょう。

参考(その他のtftpサーバフリーソフト)

TFTPサーバー Poor TFTP Server for WIN32
http://www.vector.co.jp/soft/win95/net/se174412.html
ネットワーク,ルータ,管理,Cisco,tftp

 

nextupprevious

Cisco IOSのバックアップ関連ページ

パスワード復旧
CISCO2500ルータでのパスワード復旧
show versionでコンフィグレーションレジスタ値を確認し、リブートさせた時にブレーク信号をいれて操作していきます。
tftpd64のインストール
シスコルータiOSのバックアップのためのtftpd64のインストールとその設定

TOP ネットワーク基礎 テラターム設定 ルータ1台の設定 ルータ2台の設定 ルータ管理 IPルーティング ネットワークラボ