ネットワークエンジニアへの道しるべ


Telnetの基本操作

 

ネットワーク,ルータ,Telnet

2つのルータを使って操作します。
まずRouterAに対して次のように設定

Router# config terminal
Router(config)# hostname RouterA
RouterA(config)# interface s 0
RouterA(config-if)# ip address 192.168.2.1 255.255.255.0
RouterA(config-if)# no shutdown
RouterA(config-if)# end
RouterA#

RouterBに対する設定

Router# config terminal
Router(config)# hostname RouterB
RouterB(config)# interface s 0
RouterB(config-if)# ip address 192.168.2.2 255.255.255.0
RouterB(config-if)# no shutdown
RouterB(config-if)# clock rate 64000
RouterB(config-if)# end
RouterB#

 

次にtelnetを可能にするために対象のルータに対してvtyパスワードを設定します。

VTYパスワードの設定

RouterBにtelnetvtyというパスワードを設定してみましょう。
次のように入力します。

RouterB# config terminal
RouterB(config)# line vty 0 4
RouterB(config-line)# password telnetvty
RouterB(config-line)# login
RouterB(config-if)# end
RouterB#

show run でVTYパスワードが設定されていることを確認してみましょう。

RouterAからRouterBへのtelnet

まずRouterBに“encryption”という暗号化されない特権パスワードを設定します。

RouterB# config terminal
RouterB(config)# enable password encryption
RouterB(config)# end
RouterB#

次にRouterAからRouterBにtelnetします。

RouterA# telnet 192.168.2.2
Trying 192.168.2.2 ... Open

 

User Access Verification

 

Password: telnetvty
RouterB> enable
Password: encryption
RouterB#

RouterBにtelnetしそのあと特権モード入れるようになります。
RouterBに特権パスワードを設定しないと対象ルータに対してtelnetは可能ですが特権モードには入れません。

 

RouterAからRouterBへのtelnet操作を抜けるには次のように入力します。

RouterB# exit

 

[Connection to 192.168.2.2 closed by foreign host]
RouterA#

プロンプトがRouterAに変わります。

 

ネットワーク,ルータ,Telnet


nextupprevious

Telnetの操作方法関連ページ

ルータへのIPアドレスの設定
2台のルータによる基本操作
CDPの使用方法
ホスト名の名前解決
ダイナミックRIP
IPルーティングの知識においてパケットの中継を行うためのルーティングの分野は避けては通れません。その主な手法はスタティックとダイナミックの2種類があげられ後者のダイナミックにおいて代表的なものにRIPがあります。これはルータが経路情報を自動的に更新するプロトコルになります。

TOP ネットワーク基礎 テラターム設定 ルータ1台の設定 ルータ2台の設定 ルータ管理 IPルーティング ネットワークラボ