えっとワークエンジニアへの道しるべ


スタティックルーティングとは


スタティックルーティングとは、IPルーティングにおいてルーティングテーブルにないネットワーク情報を管理者が手動でルータに設定する方法になります。そのためルーティングプロトコルの設定の有無は関係がありません。
スタティックルーティング,ネットワークエンジニア,IPルーティング,設定,ping

各ルータにおいて手動でスタティックルーティングテーブルを設定していきます。
先ほどの3つのルータの設定では隣接しているルータ同士の通信であれば可能でしたが、この設定を行えば直接つながれていないルータ間であっても、ネットワーク全体に対しての通信が可能になります。
ちなみにこのスタティックルートすべてが設定されていないとこのルーティングは動作しません。
スタティックルーティング,ネットワークエンジニア,IPルーティング,設定,ping

RouterAの設定

ip routeというコマンドを使ってスタティックルーティングを設定していきます。
上の図を見てわかるようにRouterAは172.16.40.0のネットワークと172.16.20.0のネットワークに接続されており、LAN_10につながれた172.16.10.0のネットワークと、RouterCに接続されている172.16.30.0と172.16.50.0には直接は繋がれてはいません。
なので直接つながれていない172.16.10.0および172.16.30.0、172.16.50.0を認識できるようにスタティックルートを作成します。
RouterAでの場合、ネクストホップは常に172.16.20.1になります。

RouterA# config terminal
RouterA(config)# ip route 172.16.10.0 255.255.255.0 172.16.20.1
RouterA(config)# ip route 172.16.30.0 255.255.255.0 172.16.20.1
RouterA(config)# ip route 172.16.50.0 255.255.255.0 172.16.20.1
RouterA(config)# exit
RouterA# copy run start

 

RouterBの設定

ip routeコマンドを使ってスタティックルートを設定していきます。
RouterBは172.16.20.0と172.16.10.0、そして172.16.30.0のネットワークに直接つながれており、172.16.40.0と172.16.50.0のネットワークにはつながれておりません。なので172.16.40.0および172.16.50.0のネットワークを認識させるためのスタティックルートを作成します。
RouterBのネクストホップは2つになりそれはRouterAの172.16.20.2、そしてRouterCの172.16.30.2になります。

RouterB# config terminal
RouterB(config)# ip route 172.16.40.0 255.255.255.0 172.16.20.2
RouterB(config)# ip route 172.16.50.0 255.255.255.0 172.16.30.2
RouterB(config)# exit
RouterB# copy run start

 

RouterCの設定

RouterCにおいてip routeコマンドを使ってスタティックルートを設定していきます。RouterCは172.16.30.0のネットワークと172.16.50.0のネットワークにつながれており、172.16.20.0と172.16.10.0、さらに172.16.40.0のネットワークとは直接つながれていません。なので172.16.20.0、172.16.10.0、172.16.40.0の3つのネットワークを認識できるようにスタティックルートを作成します。
RouterCのネクストホップは常に172.16.30.1になります。

RouterC# config terminal
RouterC(config)# ip route 172.16.20.0 255.255.255.0 172.16.30.1
RouterC(config)# ip route 172.16.10.0 255.255.255.0 172.16.30.1
RouterC(config)# ip route 172.16.40.0 255.255.255.0 172.16.30.1
RouterC(config)# exit
RouterC# copy run start

 

スタティックルーティングの確認

最後に設定の確認をします。コンフィグレーションの確認は設定と同じくらい重要な作業なので正確に行いましょう。
この確認を行うのに最適なコマンドはshow ip routeになります。
設定したルートがない場合などは設定が正しいかどうかをrunning-configで確認してみましょう。

 

RouterAでのルーティングテーブルの確認

RouterAで次のようにしてルーティングテーブルを確認してみましょう。

RouterA# show ip route

残りの2つのルータも同じようにshow ip routeコマンドで確認してみましょう。

RouterB# show ip route

RouterC# show ip route

全部のルータにおいてルーティングテーブルの確認がすみましたら最後にpingコマンドを飛ばしてみてルータ間のIP接続状態を確認してみましょう。

スタティックルーティング,ネットワークエンジニア,IPルーティング,設定,ping

nextupprevious

スタティックルーティング関連ページ

デフォルトルーティング
デフォルトルーティングとはルーティングテーブルに存在しないネットワークを宛先とするパケットを、次のホップルータに送信するための機能になります。
RIPルーティング
RIPルーティングの設定。RIPルーティングは長く使われているプロトコルであり、大規模なネットワーク構築には向いてませんが小規模なネットワークではよく使用され、その扱いやすさのために企業内LANにおいて多く運用されています。

TOP ネットワーク基礎 テラターム設定 ルータ1台の設定 ルータ2台の設定 ルータ管理 IPルーティング ネットワークラボ