ネットワークエンジニアへの道しるべ


RIP(Routing Information Protocol)

前の2つのセクションにおいて設定したスタティックルートまたはデフォルトルートは、それのみのネットワーク構築というのは実際はあまりありません。
このセクションで設定するRIP(Routing Information Protocol)というのはダイナミックルーティングと呼ばれるもので、このダイナミックルーティングはルーティングテーブルが更新され、ネットワーク内のすべてのルータがルーティング情報を共有します。またIPなどのルーテッドプロトコルはインターネットワーク内においてユーザデータを送ることができ、さらにこのダイナミックルーティングは小規模から中規模のネットワーク構築において適しています。

 


RIPルーティングを設定するにはrouter ripコマンドを使って設定を行います。
router ripコマンドによってプロトコルを有効にしてRIPルーティングプロトコルに通知対象のネットワークを指示します。
RIP,ルーティング,ルーティングテーブル,設定,ルータ,クラスフルルーティングプロトコル
これからRIPの設定にはいりますが他に設定したルーティングなどがありましたらそれを削除します。
先ほどのセクションのデフォルトルーティングおよびスタティックルーティングが設定されている場合は次のように入力してデフォルトルートおよびスタティックルートのルーティングテーブルを削除します。

RouterAでのデフォルトルートの削除

RouterA# config termianl
RouterA(config)# no ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 172.16.20.1
RouterA(config)# exit

RouterCでのデフォルトルートの削除

RouterC# config termianl
RouterC(config)# no ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 172.16.30.1
RouterC(config)# exit

RouterBでのスタティックルートの削除

RouterB# config terminal
RouterB(config)# no ip route 172.16.40.0 255.255.255.0 172.16.20.2
RouterB(config)# no ip route 172.16.50.0 255.255.255.0 172.16.30.2
RouterB(config)# exit
RouterB#

削除が終わりましたらshow ip routeコマンドでルーティングテーブルを表示させ、ルーティングテーブルには直接接続されているネットワークのみになっていることを確認します。

 

RIPの設定

RIPの設定にはrouter ripコマンドとnetworkコマンドを使用します。
それぞれのRouterにおいてRIPルーティングを設定します。

RouterAでのRIPの設定

RouterA# config terminal
RouterA(config)# router rip
RouterA(config-router)# network 172.16.0.0
RouterA(config-router)#^Z

 

RouteBでのRIPの設定

RouterB# config terminal
RouterB(config)# router rip
RouterB(config-router)# network 172.16.0.0
RouterB(config-router)#^Z

 

RouteCでのRIPの設定

RouterC# config terminal
RouterC(config)# router rip
RouterC(config-router)# network 172.16.0.0
RouterC(config-router)#^Z

 

RIP(ダイナミックルーティング)は小規模なネットワーク構築に適しており、クラスフルルーティングのネットワークアドレスが設定されクラスフルバウンダリを使用します。
上記の設定においてはクラスBのネットワーク172.16.0.0でサブネットは、24ビットを使いますので3番目のオクテッドはサブネットに使用し、4番目のオクテッドは各サブネットのホストアドレスに使用されます。

 

RIPルーティングの確認

設定したRIPルーティングを確認するにはshow ip routeコマンドを使用します。
それぞれのRouterにおいて確認をしてみましょう。

RouterA# show ip route

RouterB# show ip route

RouterC# show ip route

表示されている“R”はRIPルーティングプロトコルがダイナミックでルーティングテーブルに追加されたことを意味し、“C”は直接接続されたネットワークを示しています。
上図の設定においては3つのRIPルーティングと2つの直接接続されたルートがあることを確認してみましょう。

 

debug ip routeコマンド

このコマンドはルータのインターフェイス上にルーティングの更新の送受信がされるたびにそれらをコンソールセッションに送るというものです。
次のように打ち込みます。

RouterA# debug ip rip

 

no debug ip ripコマンド

デバックを止めるにはno debug ip rip または undebug allコマンドを使用します。

RouterA# no debug ip rip

 

show ip protocolsコマンド

ルーティングプロトコルタイマーの確認に使われます。

RouterA# show ip protocols

RIPのタイマーはデフォルト設定では30秒になっています。
アドミニストレーティブディスタンスはデフォルト設定では120秒になります。

RIPv2

RouterAからRIPv2の設定を行います。

RouterA# config terminal
RouterA(config)# router rip
RouterA(config-router)# version 2
RouterA(config-router)# ^z

RouterBからのversion 2の設定をしてRIPルーティングを開始

RouterB# config terminal
RouterB(config)# router rip
RouterB(config-router)# version 2
RouterB(config-router)# ^Z

RouterCからのversion 2の設定をしてRIPルーティングを開始

RouterC# config terminal
RouterC(config)# router rip
RouterC(config-router)# version 2
RouterC(config-router)# ^Z

RIPv2の確認

ここでの新しい機能はVLSMのサポートになります。
“R”はRIPルーティングプロトコルを使用し、ダイナミックに追加されたネットワークを示しています。
“C”は直接接続されたネットワークをしまします。
先ほどのRIPv1の設定において、この一連の設定を行わない場合ルーティングテーブルはversion 1のときと変化がありません。
RouterB,Cでshouw ip routeを使用してルーティングテーブルを設定します。

RouterB# show ip route

RouterC# show ip route

RouterAでdebug ip ripコマンドを使います。これを設定することによりインターフェイス上のルーティングの更新が受信されるたびにコンソールセッションに送ります。

RouterA# debug ip rip

このデバックを止めるにはno debug ip rip または undebug allコマンドを使用します。

RouterA# no debug ip rip

ルーティングプロトコルタイマーの確認

ルーティングプロトコルタイマーを確認するにはshow ip protocolsコマンドを使って確認します。

RouterA# show ip protocols

RIPはデフォルトで30秒ごとに更新情報を送信し、アドミニストレーティブディスタンスはデフォルト設定では120秒になります。RIPv1とRIPv2は同じタイマーを使用します。

RIP,ルーティング,ルーティングテーブル,設定,ルータ,クラスフルルーティングプロトコル

 

upprevious

RIPルーティング関連ページ

スタティックルーティング
スタティックルーティングとは、IPルーティングにおいてルーティングテーブルにないネットワーク情報を管理者が手動でルータに設定する方法になります。
デフォルトルーティング
デフォルトルーティングとはルーティングテーブルに存在しないネットワークを宛先とするパケットを、次のホップルータに送信するための機能になります。

TOP ネットワーク基礎 テラターム設定 ルータ1台の設定 ルータ2台の設定 ルータ管理 IPルーティング ネットワークラボ