ネットワークエンジニアへの道しるべ


オーバーロード変換(PAT)の設定

PATはダイナミックNATにポート番号を付加して多重化を行い、複数のローカルIPアドレスを1つのグローバルIPアドレスにマッピングすることによってIPアドレスの効率的な利用を可能にした技術です。
ダイナミックNATと大きく異なる点はかならず「overload」を指定することになります。
ネットワーク構築,ネットワークエンジニア,NAT,スタティックNAT,ダイナミックNAT,IPアドレス

内部グローバルIPアドレスの使用を許可する送信元IPアドレスを指定
access-list番号permit送信元IPアドレス} {ワイルドカード

 

定義したアクセスリストをPATにマッピングさせる
ip nat inside source list番号interfaceインターフェイスoverload

 

内部ローカル側と内部グローバル側のインターフェイスにPATを適用
ip natinside/outside

PAT(overloading)の設定

内部側が属しているネットワークは10.1.1.0とします。

Router(config)# access-list 1 permit 10.1.1.0 0.0.0.255
Router(config)# ip nat inside source 1 interface serial0/0 overload
Router(config)# interface fastethernet0/1
Router(config-if)# ip nat inside
Router(config-if)# interface serial0/0
Router(config-if)# ip nat outside

 

 

NATのその他のコマンド
NATテーブルの表示

インサイドグローバルIPアドレスとインサイドローカルIPアドレスを固定して表示させるコマンド

# show ip nat translations

 

NATの統計情報の表示

NAT変換の際においての実行したIPアドレスについての統計情報を表示させるコマンド。

# show ip nat statistics

ネットワーク構築,ネットワークエンジニア,NAT,スタティックNAT,ダイナミックNAT,IPアドレス

 

nextupprevious

PAT(オーバーローディング)の設定関連ページ

スタティックNATの設定
スタティックNATの設定の仕方や概念。スタティックNATはインサイドローカルIPアドレスとインサイドグローバルIPアドレスを一対一の変換によって固定的に設定する場合に行います。
ダイナミックNAT
NATとはローカルエリアネットワーク内におけるプライベートIPアドレスをインターネットに接続する際に、その内部アドレスをグローバルIPアドレスに変換するための技術のことを言います。このチャプターではNATの概念と、それらに付随する設定のスタティックNAT、ダイナミックNAT,NAPTなどについて解説します。

TOP ネットワーク基礎 テラターム設定 ルータ1台の設定 ルータ2台の設定 ルータ管理 IPルーティング ネットワークラボ