ネットワークエンジニアへの道しるべ


LinuxOSを使用したコマンド操作

ネットワーク構築,ネットワークエンジニア


このセクションではLinuxOSのディストリビューションの一つであるubuntuというOSのターミナル上のコマンドによって操作する方法をやってみようと思います。

ubuntuによるCiscoルータ操作

使用機器及びバージョン

使用OSとバージョン

ubuntu14.04LTS

設定するルータ

Ciscoルーター1800シリーズ

 

これでやってみます。
また、最近のPCはコンソール接続用のインターフェースがないものばかりなので特別なものを用意します。
右の商品は、コンソールケーブルと、それをつなぐためのインターフェースがないPC用に作られたUSBシリアルケーブルになります。
Windowsではこれを使ってなんの問題もなくうごいており、今回Linuxでも使ってみて良好に機能していたのでこれで接続できることでしょう。



こんな感じで接続させます。

ネットワーク構築,ネットワークエンジニア

コマンドの大まかな説明
ls ファイルやディレクトリ情報を表示。-lと合わせて使うと詳細な情報が得られます。
sudo 管理者権限に入るためのコマンド。新しいプログラムインストールなどをする際に必要。ユーザIDを変更するsuと組み合わせて使います。
dmesg システム起動時に実行されるカーネル情報を再度表示させる。
grep 特定の文字列を抽出するコマンド。
chmod 既存のファイルやディレクトリのパーミッション(属性)を変更するコマンド。
cu 別のシステムに接続するためのコマンド(ない場合はapt-getでインストしてください)。
また/devディレクトリにはデバイスファイルが配置されています。システムが動いているときに接続されているインターフェイスがチェックされます。

 

ネットワーク構築,ネットワークエンジニア
まず最初に左にあるターミナルのアイコンをクリックするか、でなければショートカットの Alt + Ctrl +T でターミナルを起動させます。


ターミナルを起動させたらまず管理者権限(root)に入ります。
$の後に次のように打ち込んでEnterを押します。
:〜$ sudo su

 

このあとパスワードを入力すると“:〜$”の部分が“root@〜(省略)#”に変更されて管理者権限になります。
root@〜〜〜〜〜〜#

 

次にdmesgコマンドとgrepをパイプを使って以下のように入力してEnterキーを押します。
# dmesg | grep ttyUSB

 

次のように表示されます。

ネットワーク構築,ネットワークエンジニア

ttyUSB0がインターフェース名になっていることがこれでわかるので次にルータに接続させるためのコマンドを打ちます。
コマンド“cu”のヘルプを見てみると次のようにマニュアルが出てきます。
Usage: cu [options] [system or phone-number]
-a,-p,--port port: Use named port
-l,--line line: Use named device (e.g. tty0)
-s,--speed,--baud speed, -#: Use given speed
-c,--phone phone: Phone number to call
-z,--system system: System to call
-e: Set even parity
-o: Set odd parity
--parity={odd,even}: Set parity
-E,--escape char: Set escape character
-h,--halfduplex: Echo locally
--nostop: Turn off XON/XOFF handling
-t,--mapcr: Map carriage return to carriage return/linefeed
-n,--prompt: Prompt for phone number
-d: Set maximum debugging level
-x,--debug debug: Set debugging type
-I,--config file: Set configuration file to use
-v,--version: Print version and exit
--help: Print help and exit
ネットワーク構築,ネットワークエンジニア

 

-s,--speed,--baud speed, -#: Use given speedと書かれている“-s”と、-l,--line line: Use named device (e.g. tty0)の“-l”を組み合わせてコマンドを打ちます。

<COMポートの設定>

今回このCiscoルータに接続する際は以下のような設定にします。
  • ビット/秒 … 9600
  • データビット … 8
  • パリティ   … なし
  • ストップビット… 1
  • フロービット … なし


パリティ、フロービットはなしで設定し、9600ビット/秒を指定。
# cu -s 9600 -l /dev/ttyUSB0

 

しかしこのまま接続のためのコマンドを打つと次のようにデナイされてしまいます。

ネットワーク構築,ネットワークエンジニア

パーミッションデナイドと書かれているので次にこれの属性を調べます。
#の後に次のように入力してエンターを押します。
# ls -l /dev/ttyUSB0

 

すると次のように属性が表示され、rw-rw----となっており、パーミッションが660であることがわかります。

ネットワーク構築,ネットワークエンジニア

 

次に接続を成立させるためにこのパーミッションコードを変更させます。
先頭の一文字(c)を除いた9ビットを3ビットごとに区切り、左先頭一文字cを除いたところの左から3ビットごとに、ユーザ(所有者)、グループ、その他ユーザ、という割り当てになります。
アルファベットの意味はそれぞれ、r(read)、w(write)、x(eXecutable)で次のような意味を持ちます。

r : 読み取り許可

ファイルの内容を読むことができる。

w : 書き込み許可

ファイルの内容を編集することができる。

x  : 実行権

ファイルの実行権を持ち実行できる。

-

許可がないことを意味します。

さらに次のように8進数の数値を使ってそれぞれを表現しています。
パーミッション 記号 数値
読み取り権限

r

4

書き込み権限

w

2

実行権限

x

1

権限なし

-

0

なので編集できるようにパーミッションコードをchmodコマンドを使って変更します。
# chmod 666 /dev/ttyUSB0

Enterを押したら先ほどと同じく“ls -l”コマンドを打つと次のようにパーミッションコードが変更されます。

ネットワーク構築,ネットワークエンジニア


このように属性を変更したら先ほどと同じく接続のためのコマンドを打ちます。

ネットワーク構築,ネットワークエンジニア


すると次のように接続が開始されます。

ネットワーク構築,ネットワークエンジニア


しばらくしてEnterを押すとuser EXECモードに入ります。
これで接続は完了です。

ネットワーク構築,ネットワークエンジニア


この後EXECモードの > の後に“enable”と入力してEnterを押すとPrivileged EXECモードに入ります。
ネットワーク構築,ネットワークエンジニア

nextupprevious

LinuxPCによる接続関連ページ

パスワード復旧
CISCO2500ルータでのパスワード復旧
show versionでコンフィグレーションレジスタ値を確認し、リブートさせた時にブレーク信号をいれて操作していきます。
tftpd64のインストール
シスコルータiOSのバックアップのためのtftpd64のインストールとその設定
IOSバックアップ
CIscoIOSが万が一壊れたときの場合やアップグレードする際の前準備として、現状のファイル群をtftpと呼ばれるホストサーバーに保存する作業をしておきます。

TOP ネットワーク基礎 テラターム設定 ルータ1台の設定 ルータ2台の設定 ルータ管理 IPルーティング ネットワークラボ