ネットワークエンジニアへの道しるべ


ダイナミックNATの設定

ダイナミックNATの設定は、変換するグローバルIPアドレスの範囲(IPアドレスプール)の設定と、IPアドレス変換の対象を指定するアクセスリストの定義が必要になり、さらには内部グローバルIPアドレスを使用することを許可する送信元IPアドレスを、標準IPアクセスリストの許可文で指定します。


dynamic NAT

ダイナミックNATの設定手順

@内部グローバルIPアドレスのグループを作成

  • ip nat pool名前} {開始IPアドレス} {終了IPアドレスnetmaskサブネットマスク

A内部グローバルIPアドレスの使用を許可する送信元IPアドレスを指定する

  • access-list番号permit送信元IPアドレス} {ワイルドカード

B定義したアクセスリストをNATにマッピングする

  • ip nat inside source list番号pool作成した内部グローバルIPアドレス群のグループ名

C内部ローカル側と内部グローバル側のインターフェイスにダイナミックNATを適用

  • ip natinside/outside
  • 内部グローバルIPアドレスの範囲をpoolといいます。

dynamic NAT

上図におけるダイナミックNATの設定例

Router(config)# ip nat pool DNAT 1.1.1.1 1.1.1.100 netmask 255.255.255.0
Router(config)# access-list 1 permit 10.1.1.0 0.0.0.255
Router(config)# ip nat inside source list 1 pool DNAT
Router(config)# interface fastethernet0/1
Router(config-if)# ip nat inside
Router(config-if)# interface serial0/0
Router(config-if)# ip nat outside

dynamic NAT

ネットワーク構築,ネットワークエンジニア,NAT,ダイナミックNAT,IPアドレス,設定


 

nextupprevious

ダイナミックNAT関連ページ

スタティックNATの設定
スタティックNATの設定の仕方や概念。スタティックNATはインサイドローカルIPアドレスとインサイドグローバルIPアドレスを一対一の変換によって固定的に設定する場合に行います。
PAT
NATとはローカルエリアネットワーク内におけるプライベートIPアドレスをインターネットに接続する際に、その内部アドレスをグローバルIPアドレスに変換するための技術のことを言います。このセクションではダイナミックNATにポート番号を付加して多重化を行うPATについて解説します。

TOP ネットワーク基礎 テラターム設定 ルータ1台の設定 ルータ2台の設定 ルータ管理 IPルーティング ネットワークラボ