ネットワークエンジニアへの道しるべ


ホスト名のマッピング

 

ホスト名,名前解決,,ネットワークエンジニア

RouterAとRouterBの2つのルータで操作

まずRouterAに対して次のように設定します。

RouterA# config terminal
RouterA(config)# hostname RouterA
RouterA(config-if)# interface serial 0
RouterA(config-if)# ip address 192.168.2.1 255.255.255.0
RouterA(config-if)# no shutdown
RouterA(config-if)# end
RouterA#

RouterBにも次のように設定します。

RouterB# config terminal
RouterB(config)# hostname RouterB
RouterB(config-if)# interface serial 0
RouterB(config-if)# ip address 192.168.2.2 255.255.255.0
RouterB(config-if)# no shutdown
RouterB(config-if)# clock rate 64000
RouterB(config-if)# end
RouterB#

show runコマンドを行って設定を確認します。

RouterAへのネームマッピング

次にRouterAにおいて、ホスト名RouterBのIPアドレスが192.168.2.2であると登録します。
次のように入力します。

RouterA# config terminal
RouterA(config)# ip host RouterB 192.168.2.2
RouterA(config)# end
RouterA#

show runコマンドで正しく設定されているかを確認してみましょう。

 

RouterBへのネーム登録

今度はRouterBに対して、ホスト名RouterAのIPアドレスが192.168.2.1であること登録してみましょう。

RouterB# config terminal
RouterB(config)# ip host RouterA 192.168.2.1
RouterB(config)# end
RouterB#

 

最後にマッピングしたホスト名にそれぞれのルータからpingを飛ばしてみましょう。

RouterA# ping RouterB

RouterB# ping RouterA

今まではIPアドレスを入力してpingを飛ばしていましたが、このIPアドレスのマッピングによりホスト名を使用して相手を認識させることが可能になります。

 

ホスト名,名前解決,,ネットワークエンジニア


nextupprevious

ホスト名の名前解決の実行関連ページ

ルータへのIPアドレスの設定
2台のルータによる基本操作
CDPの使用方法
Telnetの操作方法
telnetとはグローバルまたはプライベート環境のTCP/IPにおいてホストコンピュータを遠隔操作するための標準的プロトコルになります。
ダイナミックRIP
IPルーティングの知識においてパケットの中継を行うためのルーティングの分野は避けては通れません。その主な手法はスタティックとダイナミックの2種類があげられ後者のダイナミックにおいて代表的なものにRIPがあります。これはルータが経路情報を自動的に更新するプロトコルになります。

TOP ネットワーク基礎 テラターム設定 ルータ1台の設定 ルータ2台の設定 ルータ管理 IPルーティング ネットワークラボ