ネットワークエンジニアへの道しるべ>>ルータの基本操作


ルータをPCモニタで操作するための基本設定

ネットワークエンジニア,ルータ,テラターム

ターミナルソフトを使ってルータの設定をする場合は“ロールオーバーケーブル”を使用します。
PCのcomポートとルータのコンソールポートをつないでPC画面上で操作をして行きましょう。
使用するソフトはテラタームとして進めていきます。

テラタームのインストール

ネットワークエンジニア,ルータ,テラターム

ダウンロードが終わりましたらインストールしましょう。


 

ネットワークエンジニア,ルータ,テラターム

実行をクリックします。


 

ネットワークエンジニア,ルータ,テラターム

 


 

ネットワークエンジニア,ルータ,テラターム

同意するのラジオボタンをクリックして次に進みましょう。


 

ネットワークエンジニア,ルータ,テラターム

 


 

ネットワークエンジニア,ルータ,テラターム

左のチェックボタンに関してはデフォルトの設定で画面のようになっています。特にいじらずにこのままで“次へ”をクリックして進みます。


 

ネットワークエンジニア,ルータ,テラターム

違うディレクトリ(フォルダといった階層)で実行したい場合は参照を押して自分の好きな場所にするとよいでしょう。


 

ネットワークエンジニア,ルータ,テラターム

チェックボタンはデフォルトの設定でいいので、左のチェックボタンは特にいじらずに先に進みましょう。


 

ネットワークエンジニア,ルータ,テラターム

 


 

ネットワークエンジニア,ルータ,テラターム

 


 

ネットワークエンジニア,ルータ,テラターム

デフォルトの設定を行っていけばデスクトップ上にテラタームのアイコンが表示されます。
これをダブルクリックすればターミナルソフトが立ち上がります。


テラタームの設定

インストールができたので次にルータとPCをコンソール接続してルータ操作ができるように設定(チェックの確認作業)します。

ネットワークエンジニア,ルータ,テラターム

テラタームを起動させると次のような画面が出てきますがここではまずキャンセルをクリックします。


 

ネットワークエンジニア,ルータ,テラターム

設定のタブをクリックしてシリアルポートを選択します。


 

ネットワークエンジニア,ルータ,テラターム

 

画面のような設定になっていれば設定は完了です。

 

おつかれさまですた。


nextupprevious


TOP ネットワーク基礎 テラターム設定 ルータ1台の設定 ルータ2台の設定 ルータ管理 IPルーティング ネットワークラボ