2013年9月8日

支那人による日本人大虐殺

嘘も百回言えば本当になると信じる幼稚な境界例国家

こちらの意見や客観的な論証に一切耳を傾けることは微塵もなく一方的に日本を悪と決めつけ、そしてそれを鵜呑みにして受け入れることがお前たち日本のとるべき道だ、といった感じのわけのわからん論理破綻したある種の教条主義の押しつけ。そうしてすべてにおいて自己都合で押し通し、己の過ちは一切認めない。

 

こうしたやり方で事あるごとに日本を攻撃するために創作された、支那が主張するいわゆる“南京大虐殺”。
広義の意味であったという証拠は論破されつつ逆になかったという証拠は時間がたつにつれて出てくる。それでもなお連中は論理破綻した主張を何かにつけて外交カードの一つとして利用し続けている。

 

世界一気の長い民族だという話をだいぶ昔に聞いたことがあるが、はっきり言わせてもらうと傍から見れば非常にタチの悪い厄介な生き物にしか見えない。

 

大勢の人がいる中、真夏に何の警戒心もなく寝そべるミャンコ。石の上は冷たくて気持ちがいいらしい…


ちなみに支那人というのは四字熟語が好きらしいがその四字熟語で連中を表すならば、傍若無人かつ厚顔無恥、さらには無知蒙昧といったところだろうか。人格障害者というのは自分の欠点を他人に投影する性癖があるが特に犯因性の強いクラスター分類のB群にその傾向が強い。境界例国家といった理由はそれであって、以下に示すとおり南京大虐殺で言われているような残虐卑劣な行為を支那人自身が実際に行っているという現実がある。要は自分たちがやってきたことを日本に転嫁したいというのが本音なのだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

平和を欲するならば、戦争を理解せよ!

実際には日本人が大虐殺されているという現実

大嘘の南京大虐殺を突きつけられるその裏で、実際には南京大虐殺で言われているような残虐行為を支那人自体が行っているという歴史的事実があり、それらはほとんど報道されておらず、それどころか歴史教科書にも載っていない。

 

やはり改めて思うのだが、こういった史実が歴史の教科書に載らないという現実が、いかに日本の教育界が日教組を中心とした反日似非日本人たちに乗っ取られているかという事実を改めて思い知らされる。今でこそモンスターペアレンツというのをよく聞くが、私が小学中学生のころは反日左翼教師(日本国籍を持った朝鮮系左翼教師)のほうがよほどのモンスターだった。教条主義の押しつけ・暴力・逆切れなどなんでも御座れ状態だったが教師が問題になることは一切なかった。例えば小学校のある女性担任教師などは少しでも自分の気に入らないことがあると狂ったように暴言を吐き発狂を起こすというどうにも手の付けようがない女で、その状態になると顔面紅潮して絶叫し、さらには口の周りにきめの細かい泡のようなものが段々と表れて、それが厚化粧の成分と混ざり合ったせいなのか妙な色のムース状のものが口からだらだらと出てきたのをよく覚えている。
あの当時は「なんなんだこれ?」と思っていたのだが、それが俗に言われる火病(hwabyung:朝鮮人のみに発症する精神病)というやつだったのだろう。ついでに言うとその女教師(未婚)は苗字に“”が入っていた。またそういった問題行動を起こすモンスターティーチャーは苗字に“”“”“”“”“”“”といったおなじみの漢字だったのも印象に残っている。

 

 

ちなみにネットユーザーに限っては通州事件や尼港事件などの支那人による日本人大虐殺事件などはインターネットが流行りだした約10年ほど前から知られるようになっていますが、案外、通化事件は知られていないといった感じのようで、2ちゃんねるユーザでもこれは知らなかったというレスをまれにみます。実は私自身もつい最近(といっても4〜5年前)知ったぐらいであり、とりわけ被害者数が多かった支那人による虐殺行為であったにもかかわらずあまりディスクローズされなかった事件のようです。

 

もっとも1970年代あたりから支那による日本の世論工作はさまざまな形で行われていたらしく(CIA発表:後述参照)、被害が大きい分だけ今日に至るまでうまく隠ぺいされてきたのかもしれません。
実際、八路軍や尼港事件などに関して詳しく記述されていた老舗Webサイトは今現在ではリンク切れとなっているところが多く、テキストの一部は保存してあるのですが(こうなることは当初から予想しており念のためテキストログを一部保存しておいた)、いくつかのサイトは何かしらの事情によりサイト閉鎖に追い込まれたようです(“リンク切れ”と記述されているURL)。
広くインターネットが普及した今日では、さまざまなWebマスターやブロガーによるWebサイト開設によって支那および朝鮮人による残虐行為などの情報は(あくまでネット上で)拡散されておりますが当サイトでも閉鎖されたサイトのテキストの一部も合わせてあえて載せておこうと思います。
知らなかった人は良くこの事実を受け止め、また知っていたという方でもさらにこの情報の拡散をしてほしいと思います。
南京大虐殺という大嘘をつきつけられるその裏で本物の大虐殺をされているという現実をあらためて認識し、そしてこれらの厳然たる事実を親から子へ子から孫へ─ そうして永遠に受け継いでいってほしいと思います。

1937年通州事件

支那人による日本人大虐殺事件@(1937年 通州事件)

旭軒(飲食店)では、40〜17、8歳までの女7、8名が全員強姦され、裸体で陰部を露出したまま射殺されていた。その中 4、5名は陰部を銃剣で刺殺されていた。商館や役所に残された日本人男子の死体はほとんどすべてが首に縄をつけて引き回した跡があり、血は壁に飛び散り、言語に絶したものだった。近水楼入口で女将らしき人の死体を見た。足を入口に向け、顔だけに新聞紙がかけてあった。本人は相当に抵抗したらしく、着物は寝た上で剥がされたらしく、上半身も下半身も暴露し、4つ5つ銃剣で突き刺した跡があった。陰部は刃物でえぐられたらしく、血痕が散乱していた。帳場や配膳室は足の踏み場もない程散乱し、略奪の跡をまざまざと示していた。女中部屋に女中らしき日本婦人の4つの死体があり、全部もがいて死んだようだった。折り重なって死んでいたが、1名だけは局部を露出し上向きになっていた。帳場配膳室では男1人、女2人が横倒れ、またはうつ伏せ、仰向けで死んでおり、闘ったのは明らかで、男は目玉をくりぬかれ上半身は蜂の巣のようだった。女2人はいずれも背部から銃剣を突き刺されていた。階下座敷に女の死体2つ、素っ裸で殺され、陰部はじめ各部分に刺突の跡を見た。1年前に行ったことのあるカフェーでは、縄で絞殺された素っ裸の死体があった。その裏の日本人の家では親子2人が惨殺されていた。子供は手の指をそろえて切断されていた。南城門近くの日本人商店では、主人らしき人の死体が路上に放置してあったが、肋骨が露出し、内臓が散乱していた。

http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/html/history/honbun/tsushu.html(リンク切れ)

 

『通州事件の惨劇 (Sさんの体験談)−日本人皆殺しの地獄絵−』URL一覧
其の一 http://d.hatena.ne.jp/minoru20000/20100730/p1
其の二 http://d.hatena.ne.jp/minoru20000/20100816/p1
其の三 http://d.hatena.ne.jp/minoru20000/20100901/p1
其の四 http://d.hatena.ne.jp/minoru20000/20100915/p1
其の五 http://d.hatena.ne.jp/minoru20000/20100929/p1

 

 

1946年通化事件

支那人による日本人大虐殺事件A(1946年 通化事件)

通化事件(つうかじけん)とは1946年2月3日に中国共産党に占領されたかつての満州国通化省通化市で中華民国政府の要請に呼応した日本人の蜂起とその鎮圧後に行われた中国共産党軍と朝鮮人民義勇軍南満支隊(李紅光支隊)による日本人及び中国人に対する虐殺事件。日本人3000人が虐殺された。

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E5%8C%96%E4%BA%8B%E4%BB%B6
以下抜粋
当時の通化の状況
通化は終戦時に中華民国政府の統治下に置かれ、満洲国通化省王道院院長を務めた孫耕暁が国民党通化支部書記長に就任し、満州国軍や満州国警察が転籍した中華民国政府軍によって統治されていた。交通の要所である通化には大勢の避難民が集まっており、1945年8月18日には通化国民学校に避難民収容所が設置された。また1945年8月13日に発生した小山克事件(武装した暴民に襲われ、日本人避難民が強姦・虐殺され約100名が集団自決した)に巻き込まれた避難民も到着しており、通化にもともと居住していた17000人の日本人居留民と、10万人以上の他の地域からの避難民が滞在していた。武装解除された元日本兵は次々とシベリアへ送られ、残留した居留民の多くが女性や老人で、略奪や強姦に遭い麻袋に穴を空けたものをわずかに身に着けただけの姿もあった。通化の在留邦人が衣服や住居を提供するなどしていたが、多くの日本人家屋は強制的に接取されるなどして、在留邦人・難民ともに困窮していた。
小山克事件(しょうさんこくじけん) 1945年8月13日に満州国吉林省で南満州鉄道京図線が九台駅と吉林駅の間の小山克で武装した暴民に襲われ、日本人避難民が強姦・虐殺され集団自決した事件。

 

ソビエト軍・中国共産党軍の進駐と暴行

1945年8月20日、通化高等女学校に短機関銃を持ったソビエト兵2名がジープで乗り付けると校内に乱入し、女生徒の腕を掴んで引きずり出そうとした。古荘康光校長と村田研次教師が止めに入ると銃を乱射し始めたため、20代の女性教師が自ら身代わりとなって連行された。連絡を受けた通化守備隊の中村一夫大尉は直ちに兵士40名を乗せたトラック2台とともに駆けつけ、男性教師たちと共同でソビエト兵のジープを捜索したが発見できなかった。女性教師は深夜に解放されたが、その晩自殺した。翌日、ソビエト兵は再び女学校に乱入すると女生徒か昨日の女性と金品を出すよう要求した。村田教師が「女性は自殺した」と述べると、他の女性を出すよう要求されたため、隠し持っていた拳銃で2人を射殺した。教師たちはソビエト兵を埋葬すると寄宿生を連れて通化を脱出した。
強制収容
3000人以上に上る拘束者は小銃で殴りつけられるなどして旧通運会社の社宅などの建物の8畳ほどの部屋に120人ずつ強引に押し込められた。 拘束された日本人は、あまりの狭さに身動きが一切とれず、大小便垂れ流しのまま5日間立ったままの状態にされた。抑留中は酸欠で「口をパクパクしている人達」や、精神に異常をきたし声を出すものなどが続出したが、そのたびに窓から銃撃され、窓際の人間が殺害された。殺害された者は立ったままの姿勢で放置されるか、他の抑留者の足元で踏み板とされた。足元が血の海になったが死体を外に出すこともできなかった。蜂起計画に関与しなかった一般市民を含めて、民間の2千人(数千人とも)近くが殺された。また、数百人が凍傷に罹り不具者となった。
虐殺
拘束から5日後に部屋から引き出されると、朝鮮人民義勇軍の兵士たちにこん棒で殴りつけられ、多くが撲殺された。撲殺を免れたものの多くは手足を折られ、ぶらぶらとさせていた。その後、中国共産党軍による拷問と尋問が行われ、凍結した川の上に引き出されて虐殺が行われた。女性にも処刑されるものがあった。川の上には服をはぎ取られた裸の遺体が転がっていた。男性たちが拘束されている間、中国共産党軍の兵士には日本人住居に押し入り、家族の前で女性を強姦する者もあり、凌辱された女性からは自殺者も出ている。
また事件後に蜂起の負傷者に手当を施した者は女性・子供であっても容赦なく銃殺された。

 

 

1920年尼港事件

支那人による日本人大虐殺事件B(1920年  尼港事件)

黒龍江河口から20キロの地点にある尼港(ニコライエフスク)には当時、日本居留民が約700名、白系ロシア人が約1万5000名、その他朝鮮人などが住んでいました。シベリア出兵以来、日本軍の2個歩兵中隊(第14師団隷下)が駐屯し現地の居留民保護にあたっており、付近の共産主義武装組織は一時鳴りを潜めました。

 

ところが大正9年になって勢いを盛り返した武装組織が尼港市街を包囲、守備隊は衆寡敵せず、停戦に応じることとなりました。2月、尼港に入った武装組織員はまず、白系ロシア人を武装解除し、資本家階級の家族ともども惨殺します(約2400名)。在尼港の石田副領事はこの暴虐に抗議しましたが武装組織は受け入れず、逆に日本側に対し武装解除を要求してきたのです。武装解除後何をされるかは明らかであったことから、現地の部隊および義勇隊(あわせて110名)は武装組織の本拠を急襲しましたが、衆寡敵せず駐留部隊指揮官石川少佐以下多数が戦死しました。

 

居留民の多くは領事館に退避しましたが、集まったのはわずか250名で、逃げ遅れて武装組織の手にかかった人も多かったそうです。武装組織は子供を見つけると2人で手足を持って石壁に叩きつけて殺し、女と見れば老若問わず強姦し両足を2頭の馬に結びつけて股を引き裂いて殺したりと、それは残虐な方法で命を奪ったということです。
唯一生き残った彼女らの話では、犠牲者たちは、両目を抉り取る、5本の指をバラバラに切り落とされて刺殺される、金歯があるものはあごから顔面を裂かれて抜き取られる、女は裸にされ凌辱された上で、股を裂かれ、乳房や陰部を抉り取られるなどの方法で殺されました。

http://chie.okigunnji.com/n/nikoujiken.htm(リンク切れ)

 

 

1928年済南事件

支那人による日本人虐殺事件C(1928年 済南事件)

昭和3年の4月、蒋介石は中国統一を実現させるため、国民革命軍(南軍)総司令として第二次北伐の軍を進めた。全軍総司令官は蒋介石、参謀総長は何応欽将軍で100万の大軍が4個の集団軍として編成されていた。これに対して張作霖大元帥の北軍も7つの方面軍、兵力100万を有していた。4月7日北伐宣言を発した南軍は4月中旬に早くも済南を包囲する態勢に入った。済南は山東省の商業都市で人口38万を有し、諸外国人が多くここに住み、日本人も1810人が居留民としてここに住んでいた。しかし南軍が北上するにつれ、済南が危機に陥った。南京事件(1927年に日米英仏の公館が国民革命軍に襲撃され略奪、婦女暴行、殺戮が行われた事件)のような事件がまた発生するかもしれなかったためだ。現地からの保護要請を受けた田中首相は居留民保護のためやむを得ないと決断し、4月下旬に済南に軍を出した(第二次山東出兵)。日本軍は現地に到着すると済南城に隣接する商業地(居留民の大部分がここにいた)に、東西2か所の守備地区を設置して居留民を収容保護した。しかし北軍が退却した後の5月1日、南軍が入市してくると恐れていた事態が起こってしまった。済南事件で中国兵が日本人居留民に加えた残虐行為は、まさに「中国式」で想像を絶する残虐さだった。事件直後に惨殺死体を発見した南京駐在武官・佐々木到一中佐はその手記に次のように記した。
「予は病院において偶然その死体の験案を実見したのであるが、酸鼻の極だった。手足を縛し、手斧様のもので頭部・面部に斬撃を加へ、あるいは滅多切りとなし、婦女は全て陰部に棒が挿入されてある。ある者は焼かれて半ば骸骨となっていた。焼け残りの白足袋で日本婦人たることがわかったような始末である。わが軍の激昂はその極に達した」(「ある軍人の自伝」より)

 

この話は嘘でも誇張でもない。済南の日本人惨殺状況に関する次の外務省公電がこれを立証している。
「腹部内臓全部露出せるもの、女の陰部に割木を挿込みたるもの、顔面上部を切落したるもの、右耳を切落され左頬より右後頭部に貫通突傷あり、全身腐乱し居れる者一、陰茎を切落したるもの二、」とある。
日清戦争の時も捕虜となった日本軍兵士達は両手両足を切断していく拷問(中国ではこれを凌遅処斬とかいうらしい)をうけていたが上の記録からも中国人の殺人の手口の凄まじいほどの残忍さが分かる。南軍に凌辱虐殺された日本人居留民の死体が日本軍に発見されて、5月5日、済南事件の真相が明らかにされた。そして居留民に残虐を加えた事実が判明すると、日本国民に大衝撃を与え、中国へ制裁を加えるよう求める国内世論で沸騰した。略奪被害戸数136、被害人員約 400とある。

http://www.benri.com/forum/politics/messages/7314.html(リンク切れ)

 

 

引き揚げ婦女子の悲劇

満州奥地から引き揚げて来た人、ソ連軍の侵攻と引き揚げが重なった人たちは悲惨だった。ソ連兵や現地の中国人は無抵抗の日本の民間人に掠奪と暴行の限りを加えた。集団は散り散りになり、飢えと疾病で多くの人の命が失われた。中でも日本人婦女子の惨状は想像を絶するものがあった。特にソ連兵は日本人の女性とみれば見さかいなく襲いかかった。殆どが銃口を突きつけての強姦、輪姦であり、その実態についての記録は数多く残されている。ソ連兵は満州だけでなく欧州においても、現地の住民を対象にしたレイプで性欲を処理するのが慣行であった。ようやく満州から陸路朝鮮に入り、半島を南下するに際しここで再び現地人男性による凌辱が繰り返されたのである。

http://www.nomusan.com/vatican_asaoka_syouwanojyosei_2_04.html(リンク切れ)

 

参考リンク
http://wwwi.netwave.or.jp/~mot-take/jhistd/jhist1_2_5.htm
「樺太に残留した日本女性は、ほとんどが終戦後レイプや脅迫によって朝鮮人の妻にさせられた女性です。脅迫というのは、自分と結婚しないと、ソ連当局に密告して家族全員を収容所送りにしてやる、というような脅しだったらしい。終戦から2年後ぐらい後に日本の船が日本人を迎えに行ったときは、すでに妊娠していたため帰るのをあきらめたという。」

 

14才から40歳くらいまでの女性は、全員強姦された上、陰部を刺されて殺され、その他、目玉をえぐる、内臓を掻き出す、子供の指をそろえて切り落とす、針金で数珠つなぎにする、生きたまま皮をはぐ、手首足首を切り落としてばらばらにする、口に砂をつめて窒息させるなど、「日本人には考えつかない猟奇的な方法」で殺害されている。斧で顔をぐしゃぐしゃにされた人以外、一人一人の検死資料も残っており、記録を見ると胸が押しつぶされる気がする。また誌面に限りがあるので書ききれないが、満州から引き上げてくる無防備な日本開拓団の人々に対し、ロシア兵も八路軍(中国共産党軍)も朝鮮八路軍も暴虐の限りを尽くしている。
後からやって来た国民党の正規軍も格好は良かったが、賄賂や婦女暴行は日常茶飯事だったという。筆者の親戚に何度か捕らえられたが脱走し、最後には親切な中国人にかくまわれて奇跡的に一命を取り留めた人がおり、詳しい手記を残している。
日本女性を連れ去って強姦する、それから中国残留孤児には「父親とはぐれ」と言うのが良くあるが、これははぐれたのではない。父親は連行されて虐殺されたのである。この親戚は、中国共産党軍が、開拓団の団長や日本の官吏であった人々を、川原に引き出して銃で撃った上、銃剣で蜂の巣のように突き刺したり、首だけ出して生き埋めにしておいて、死ぬまで軍靴で顔面を蹴り、なぶり殺しにする所をその目で見たと書いている(原文には犠牲者の名前も書いてある)。

 

朝鮮八路軍
中国の八路軍(共産軍)に対して、当時朝鮮の義勇軍をそう呼んだもの。手記の前後には、金日成に率いられた「李紅光支隊」とある。朝鮮八路軍に捕らえられた日本人は防空壕の中に放り込まれ飢えと寒さと拷問で殆ど死んだ。朝鮮八路軍のやり方はヒステリックで「36年の恨みだ!」と殴る蹴るの乱暴の限りを尽くし、男が拘置されている間、女を陵辱した。このため自殺した主婦もいたと言う。避難民の多くが日本を目指した中継地点に通化の街があり、筆者の親戚はここで八路軍(中国共産党)に捕らえられた(通化というのは、中国と朝鮮の国境付近で中国側の都市)。国境に近かった為、武装した朝鮮人義勇軍が日本人狩りをしていたという。

 

 

その他参考

南京大虐殺の根拠は中国の宣伝本だった(産経新聞 2003.03.01)

極秘文書発見、「大虐殺」説を覆す決定的な証拠に

 

これまで「南京大虐殺」の根拠とされてきた英国の新聞記者の著書が中国国民党の 宣伝書籍だったことを示す極秘文書が、東中野修道・亜細亜大学教授の 調査により台湾で発見された。 「大虐殺」説を覆す決定的な証拠として注目される。

 

問題の著書は、日本軍の南京攻略当時、英マンチェスター・ガーディアン紙の 中国特派員だったH・ティンパーリーの『戦争とは何か』。 「4万人近くの非武装の人間が南京城外または城壁の付近で殺された」などと書かれ、 「大虐殺」の証拠とされてきた。 東中野教授が見つけた文書は『中央宣伝部国際宣伝処工作概要』という題で、「極機密」の印が押され、日本軍が南京を占領した1937(昭和12)年12月から約3年間の中国国民党の宣伝工作を記録していた。その中の「対敵宣伝科工作活動概況」という項目で、国際宣伝処が編集・印刷した単行本として 『外人目睹中之日軍暴行』を挙げ、「この本は英国の名記者、田伯烈が著した。 内容は、敵軍(日本軍)が1937年12月13日に南京に侵入したあとの姦淫、放火、掠奪、 極悪非道の行為に触れ、軍紀の退廃および人間性の堕落した状況についても等しく詳細に記載している」 と書いていた。 『外人目睹中之日軍暴行』は、「外国人が見た日本軍の暴行」という意味で、『戦争とは何か』 の中国語版の題名。また「田伯烈」はティンパーリーの中国名にあたる。

 

東中野教授は台湾の調査で、1943年に発行された『中央党部職員録』も見つけ、その中の 「対敵宣伝委員会」のメンバーに、ティンパーリーと対外宣伝について協議した曽虚白がいることを 確かめた。また、国民党中央党史史料編纂(へんさん)委員会の所蔵史料から、『戦争とは何か』の 中国語版に掲載されている写真と同じ写真を見つけた。 東中野教授は「『戦争とは何か』が中国国民党の宣伝本であったことは100パーセント確実になった」 と話している。 『戦争とは何か』をめぐっては、ノンフィクション作家の鈴木明氏が、ティンパーリーが中国国民党の 顧問だったことを指摘し、立命館大学の北村稔教授が、ティンパーリーと曽虚白の関係を明らかにしている。 今回の発見は、鈴木、北村両氏の調査を補強する証拠になるとみられる。

 

1970年代から行われていた対日工作(2004年ヤフーニュースより)

中国が1970年ごろから日本のアジアでの影響力拡大を防ぐために、あえて日本の内政に干渉し、日本の軍国主義や帝国主義の復活を宣伝するプロパガンダ工作を本格的に開始したことが、このほど解禁されたCIAの秘密文書から21日、明らかとなった。
CIAは中国の一九四八年から七六年までの内政や外交を詳しく分析した国家情報評価の秘密文書約五百ページを十八日に解禁したが、その中には中国の日本に対する政策や工作に関する記述も含まれている。七〇年十一月の「共産中国の国際姿勢」と題する文書では、「北京政府は日本の内部問題への限定的な干渉を進めることを決め、軍国主義復活という帝国主義的な日本の亡霊を掲げる集中的なプロパガンダを開始した」と述べ、この宣伝工作は「アジアの伝統的な日本へのおそれをあおり、日本の影響力を断つことも目的とする外交政策上の策略」だと断じている。
つまり、米国としては中国の対日宣伝の非難は事実に反する「亡霊」づくりとみていたことが明らかにされている。
文化大革命の最中にあった当時の中国共産党首脳が日本に対しそうした動きをとるようになった背景の説明として、この文書は
  1. 日本は顕著な経済実績とアジアでの積極的役割拡大に向けた米国の支持により、北京にとりアジアで特別な存在となった
  2. 北京は日本の潜在的な軍事力と大東亜共栄圏復活への意図に懸念を抱き、とくに六九年十一月の佐藤・ニクソン共同声明での沖縄返還と日米同盟強化でその懸念を高めた
  3. 北京はこの声明が日本のアジアでの影響力拡大を奨励したとみて、日本が米国がアジアから撤退した場合に経済や軍事で中国を抑えてアジアでの主導的立場に立つことを恐れ、とくに台湾の保護者となることを阻止したいとしている
−などを指摘している。
文書は中国の対日工作の内容については、「日本の指導者、政治、アジアでのいわゆる野心などに対する硬直的で、口汚い攻撃的なプロパガンダ」と述べる一方、中国が日本への非難を激しくするのは「日本国内での中国側の政治的資産やテコが大幅に減り、文革の過激な言動のために中国のイメージも極端に悪化したため」、プロパガンダが日本国内であまり効果をあげないからだ、と分析している。
中国の「日本国内での政治的資産」について、CIAの別の中国評価文書は一九六〇年代の状況として「中国への支援は日本共産党内の少数派の一部勢力や特定の過激派学生や労組の間に存在する」と述べながらも、日本共産党の親ソ連派に押されて大きな力はない、としている。中国の対日宣伝の総括的な効果について、七〇年の文書は「北朝鮮のほかには東南アジアの一部の人たちを印象づけたかもしれないが、日本人への影響は少なかった」と総括している。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041022-00000011-san-int(現在は削除されています)


南京事件:1927年
http://ja.wikipedia.org/wiki/南京事件_(1927年)
1927年(昭和2年)3月、蒋介石の国民革命軍の第2軍と第6軍を主力とする江右軍が南京を占領した際に起きた日本を含む外国領事館と居留民に対する襲撃事件。

 

ペマ・ギャルポ氏の警告(チベットから2005年日本に帰化、桐蔭横浜大学法学部教授)
敬虔な仏教国チベットでは指導者である僧侶達が殺生を禁じ「仏を拝んでいれば平和は保たれる」と主張し抵抗を禁じたがその結果チベットは地獄になってしまった。
中共軍が本格的に進入してきた時、チベット軍はすでに解体させられていた。「インドに頼もう」とか「国連に訴えよう」とチベットは行動をおこしたがインドは動かなかった。国際司法裁判所では「中国のチベット進攻は侵略である」と認定したが、それだけであった。
そして95%の僧院が破壊され、120万人のチベット人が虐殺された。日本人に言いたい事は、自分でいくら平和宣言をしても他国を縛る事はできない。 泥棒を中に入れてから鍵をかけても遅いという事だ。

 

「“モンゴル人ジェノサイド 実録”」
櫻井よしこさんのブログ:櫻井よしこオフィシャルサイトより
中国共産党はまず、ウラーンフの例でわかるようにモンゴル人の指導者と知識人たちを狙った。文字を読める人は殆ど生き残れなかったと言われるほどの粛清が行われた。50種類以上の拷問が考案され、実行された。たとえば、真赤に焼いた棍棒で内臓が見えるまで腹部を焼き、穴をあける。牛皮の鞭に鉄線をつけて殴る。傷口に塩を塗り込み、熱湯をかける。太い鉄線を頭部に巻いて、頭部が破裂するまでペンチで締め上げる。真赤に焼いた鉄のショベルを、縛りあげた人の頭部に押しつけ焼き殺す。『実録』には悪夢にうなされそうな具体例が詰まっている。女性や子どもへの拷問、殺戮の事例も限りがない。中国共産党の所業はまさに悪魔の仕業である。
内モンゴルのモンゴル人が中国共産党の非道なる圧政で未来を奪われているのは明らかだ。親日的なモンゴル人のためにも、日本はアジアの道義大国として中国政府に物を言い続けなければならない。それが中国の圧制に苦しむ諸民族のために日本がなすべき最低限のことである。

「“モンゴル人ジェノサイド 実録”」

 

参考書籍
中国はいかにチベットを侵略したか
それはさながらこの世の地獄だった―

 

1956年は、中共の約束事が耳をかす値打ちもない大嘘だったことがはっきりしたという点で、チベット人にとって忘れられない年だった。
民主的改革? 土地改革? 援助? 進歩? それらはすべて暴力、脅迫、飢餓、死にいい換えてみればずっと分かり易い。それが中共の共産主義への道だった。
チベットを乗っ取り、完全にわが物にするのが中共側の目的だったのだ。これが毛沢東のいう「大家族の一員としてチベットを抱擁する」という意味であった。
妻、娘、尼僧たちは繰り返し強姦されまくった。 特に尊敬されている僧たちは狙いうちされ、尼僧と性交を強いられたりもした。ある僧院は馬小舎にされ、僧たちはそこに連行されてきた売春婦との性交を強いられた。 あくまでも拒否した僧のある者は腕を叩き切られ、「仏陀に腕を返してもらえ」と嘲笑された。

 

参考リンク
チベット弾圧マンガ「慈悲と修羅」業田良家 & リンク集
http://d.hatena.ne.jp/Yasima/20080318

 

「日本解放第二期工作要綱」は本物なのでしょうか
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/53033/
(本物かどうかは別としていずれにせよ似たようなことはやっている)

 

支那人の猟奇的残虐癖

食人宴席 抹殺された中国現代史
鄭義 著、93.11.25発行 光文社カツパブックス
「人肉を食へて出世」
事件の一端が明らかになったのは、中国・広西省武宣県である。ここだけで「殺され、迫害によって死んだ人間は524人、その内、食われた者は百数十人。 武宣県の食人者は推定1万〜2万人にのぼる」。ここでは上からの犠牲者割り当てに応じて、走資派や実権派をデツチ上げ、「まず批判闘争宣言があり、糾弾集会を行い、その後、人間を殺して、生きているままに人肉を削ぎ、生きている人間が絶命すると、人間の心臓、肝臓、胆嚢、腎臓、胸肉、骨髄、太もも、足、筋、・・人間の骨肉を切り取り、削ぎ取って、それを煮たり、揚げたり、炒めたり、そして酒にゆっくりと漬けたりして、さまざまな調理方法で、豊かな献立にしたのである。
また<人肉宴会>では酒を飲み、杯を交わし、論功行賞をした。」、「こうして食人の嵐がうずを巻き、集会があるごとに闘争があり、闘争があるごとに死者が出て、死者が出れば、かならず食われ、惨劇が繰り広げられたのだ」。
食人宴席カバー画像

 

例えば、1968年7月1目、武宣県の桐嶺中学副校長・黄氏は同中学の教室で開かれた批判糾弾大会に引きずり出され、棍棒で殴り殺され、生徒から教師達までが副校長の人肉を切り取って、大々的に食べられた。頭は殴られ、真っ黒にはれ上がり、大腿骨とすね、そして手の肉は全部、切り取られ、肝、心臓、性器もすべてとられ、胸部は空っぼで、はらわたも流れ出していた。そして学校の食堂や廊下、区役所の炊事場で、教員宿舎や女子学生宿舎で人肉を煮たり、焼いたりして人 肉料理の宴会が行われたのである。

 

女子民兵・王文留は、「人肉を食べたことによって、共産党から認められ、だんだんと地位が上がり、最終的には武宣県革命委員会の副主任になった。彼らは人 殺しから出世しただけではなくて、人間を食って出世した」のである。

http://www.assert.jp/data/1993/19305.htm

 

その他参考リンク

大虐殺派のウソ写真と証言
http://www.history.gr.jp/~nanking/lie.html

 

電脳日本の歴史研究会
http://www.history.gr.jp/index1.html

 

世界中で起こる聖火デモに内包されるチベット人虐殺の事実の一部
http://www.youtube.com/watch?v=dnzLEsOYRsk

野犬でも狩るかのように撃ち殺す悪魔の中国兵。
日本に捏造の南京大虐殺をつきつけるその裏で、本物の虐殺を中国共産党がおこなっている。

nextupprevious

おながいします(・ω・)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 



支那人による日本人大虐殺関連ページ

おそろしい映像
当サイトは主に物理に関する数学など、その他周辺も含めた少々ごった煮のウェブサイトです。 数学分野に関しての趣旨としては、通常のテキストでは割愛されてしまう内容などを詳しく記述し、さらには難しい説明をするのではなく、わかりにくい内容をいかにわかりやすく伝えるか━など、そういったウェブコンテンツならではの利便性と機動性を生かしたサイト作成を主眼としています。
韓国旅行要注意
韓国旅行要注意掲示板のオリジナルミラーサイトの紹介になります。このサイトは初期のころから閉鎖されることが多かったためいくつもミラーサイトがあったのですが今ではこの一つのみになっており、またリダイレクトされてコンテンツが閲覧できない状態になっています。このページではそのリダイレクトを阻止する方法とその一部コンテンツをログします。
フォンニィフォンニャット虐殺
いまから約半世紀ほど前にベトナム戦争という紛争があり、そのベトナムにおいて国が北と南に分かれて内戦状態になった時期がありました。この戦争においてはベトナム兵やアメリカ兵だけでなく南鮮人(韓国人)兵がかなり多く参加していたことはあまり知られていません。このページではベトナム戦争時において南鮮人兵が行ってきたベトナム非武装民間人に対する猟奇的残虐行為の数々をディスクローズいたします。
河野談話撤廃へのおねがい
当サイトは主に物理に関する数学など、その他周辺も含めた少々ごった煮のウェブサイトです。 数学分野に関しての趣旨としては、通常のテキストでは割愛されてしまう内容などを詳しく記述し、さらには難しい説明をするのではなく、わかりにくい内容をいかにわかりやすく伝えるか━など、そういったウェブコンテンツならではの利便性と機動性を生かしたサイト作成を主眼としています。
日本を貪る支那人の手口
日本の社会福祉を食いものにする支那人たち。このページでは朝鮮帰化人集団“民主党”による売国行為の置き土産政策について考察します。
ヘイトスピーチはどちらか
反日左翼系のブンヤは自らの言動に対してその責任をとることがまず一切ない。要するに連中にとって言うは勝手であり、二枚舌とか支離滅裂とか非難されても仕方ない存在だが、相変わらず平然としている。カエルの面に小便と同レベルの竹橋の小物新聞社と連中の味方の反日朝鮮人について。
慰安婦捏造問題
当サイトは主に物理に関する数学など、その他周辺も含めた少々ごった煮のウェブサイトです。 数学分野に関しての趣旨としては、通常のテキストでは割愛されてしまう内容などを詳しく記述し、さらには難しい説明をするのではなく、わかりにくい内容をいかにわかりやすく伝えるか━など、そういったウェブコンテンツならではの利便性と機動性を生かしたサイト作成を主眼としています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 線形代数 ベクトル解析 慣性モーメント 解析力学 微分方程式 NEへの道しるべ mathematical.jp